タグ別アーカイブ: なかよし

かみちゃまかりん Kamichama Karin

なかよしで連載されていた、コゲどんぼによるかみちゃまかりんの英語版コミックです、全7巻。かみちゃまかりんchuも英訳されています、こちらも全7巻。

かみちゃまかりん Kamichama Karin 英語版コミック

かみちゃまかりん 日本語オリジナル版

かみちゃまかりん 英語版

日本の漫画やアニメに登場する西洋的な神様や天使のキャラクターは、西洋のキリスト教文化に日本の文化が融合したようなキャラクターが多いですが、海外の人たちの受け取り方はどうなんですかね。ちなみにこの作品はギリシャ神話の神様を題材にしています。

ほとんどの人は創作だからという事で笑って許してくれそうですが、厳格な家庭ではこの作品の変身する時のセリフである「アイ アム ゴッド!!」はたぶん問題となるんじゃないかと思います(厳格なクリスチャンは God という言葉を口に出す事さえはばかります)。そういう感覚がわからないので他人事のように言うと、アニメなどの変身シーンで一家団欒が一瞬固まるところを想像するとなんだかおかしいです(それ以前にちょっと裸になったりする方が問題になるかも?)。

まあ冷静に「女性なんだから “Goddess / ゴッデス”じゃない?」なんてツッコミを入れられても嫌ですが。

まもって!ロリポップ Mamotte Lollipop

なかよしで連載されていた、菊田みちよによるまもって!ロリポップの英語版コミックです。全7巻。またまもって!ロリポップの北米版アニメDVDもあります(※リージョンコードに注意)。

まもって!ロリポップ Mamotte Lollipop 英語版コミック

まもって!ロリポップ 日本語オリジナル版

まもって!ロリポップ 英語版

なかよし本誌で人気となった他に、アニメ化もされていますね。「強くてやさしくてカッコよくてあたしを守ってくれる男のコ」が理想の女の子が、魔法使い試験の課題で使われる硝子真珠(クリスタルパール)を飴と間違えてうっかり飲み込んでしまったことが原因で、試験期間の半年間もの間、見習い魔法使い達から狙われるハメになるという物語です。

残念ながら続編であるもどって! まもって! ロリポップは英語化されていません。ただしライセンスの問題さえ解決すれば、今後英語版が発売される可能性も決して少なくないと思います。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Del Rey から発売されています。全7巻ということで英語力の自信の無い方には少し長めでしょうか。しかし日本語版と一緒に買うことによって物語を追うことができますので、じっくりと時間をかけて読めば無理というほどでもないでしょう。

電脳少女Mink

なかよしで連載されていた、立川恵による電脳少女☆Minkの英語版コミックです、全6巻。

電脳少女☆Mink 英語版コミック

電脳少女☆Mink 日本語オリジナル版

電脳少女☆Mink 英語版

タイトルは「サイバーアイドル ミンク」と読むようです。魔法少女ものにサイバーパンクの要素と取り入れた、少女漫画としては珍しい作品です。使われるのは魔法ではなく想像上の疑似科学で、主人公の少女みんくは電脳的に作成したバーチャルアイドルの中に入り込んで活躍します。バーチャルアイドルを作り出すプログラムの名前が “WANNA-BE” というところにセンスを感じますね。まさに使用者の願望をかなえるプログラムという訳です。

全6巻ということでお子様の英語学習用にプレゼントするには最適なボリュームだと思います。日本語版と比べて英語版の漫画は値段が高いですが、下手な参考書を買うより意欲的に読むので効果的に学ぶことができます。お子さんの英語力に合わせて日本語版も一緒に買ってあげると、読みやすくなるでしょう。

ミラクルガールズ Miracle Girls

なかよしで連載されていた、秋元奈美によるミラクル☆ガールズの英語版コミックです、全9巻。

ミラクル☆ガールズ Miracle Girls 英語版コミック

ミラクル☆ガールズ 日本語オリジナル版

ミラクル☆ガールズ 英語版

まるっきり性格が正反対の、超能力をもった双子の少女達の物語です。二人が力をあわせないと能力が発揮できないところがポイントですね。なかよしで連載されていた当時は美少女戦士セーラームーンと二大タイトルの扱いでアニメ化もされましたが、セーラームーンがアニメでも大ヒットを記録して日本のみならず海外でも知名度を上げたのにくらべて、こちらはいまいち一般へ浸透はしませんでした。やはりセーラームーンと比べてしまうとインパクトが弱かったのかも知れません。

そのかわり知る人ぞ知る隠れた名作ということで、今読んで楽しい作品と言えるかも知れませんね。全9巻とまずまずのボリュームですので、興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Tokyopopの前身である Mixx Entertainment Inc から発売されています。

オレンジ・プラネット Orange Planet

なかよしで連載されていた、フクシマハルカによるオレンジ・プラネットの英語版コミックです、全5巻。

オレンジ・プラネット Orange Planet 英語版コミック

オレンジ・プラネット 日本語オリジナル版

オレンジ・プラネット 英語版

登場人物は絵的には幼い感じですが、主人公をはじめとして高校生以上というのはなかよしで連載されていた作品にしては年齢が高めですね。ただ幼い頃の思い出を大切にしている少女という設定はそれなりかも知れません。主人公のるいと教育実習生の栄介と幼馴染の太郎、王道といえば王道な三角関係を個性的に描いています。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Del Rey から発売されています。全5巻というボリュームも短くキリがよくて良いですね。ただし全5冊ではなく、第1巻、第2巻の2冊と、3/4/5巻を1冊にまとめた計3冊です。こういう事は英語版コミックにはたまにあることで、3巻分を1冊にまとめることで本は少し分厚くて読みにくい点もありますが、安く買い揃えられるというメリットもあります。日本語版と一緒に購入しましょう。

ぴちぴちピッチ Pichi Pichi Pitch

なかよしで連載されていた、原作 横手美智子・作画 花森ぴんくによるぴちぴちピッチの英語版コミックです、全7巻。マーメイドメロディー ぴちぴちピッチという名前でアニメ化もされましたね。

ぴちぴちピッチ Pichi Pichi Pitch 英語版コミック

ぴちぴちピッチ 日本語オリジナル版

ぴちぴちピッチ 英語版

この作品はアニメが2期91話にわたって放送されましたのでご存知の方は多いんじゃないでしょうか。人魚姫の伝説をモチーフにした魔法少女戦隊もので、当時の女の子たちに大人気となりました。海外ではとくに台湾の女子小学生たちに大人気となり、アニメCDが4作で合計10万枚以上も売り上げ、そのうちの1作目はコンビニの通販ランキングで1ヶ月連続1位を維持したそうです。台湾の他にも韓国・香港・マレーシア・フィリピン・スペイン・ポルトガル・イタリア・フランスでアニメが放映されて人気となりました。北米でもシナジーSPがライセンスを取得して放映される予定だったのですが、残念ながら企画のみで実際の放映は実現しませんでした。原作の漫画は Del Rey によって全7巻が英語に翻訳されて発売されていますが、北米でもアニメが放映されていたらもっと人気がでたでしょうね。残念です。

夢幻伝説 タカマガハラ Dream Saga

なかよしで連載されていた、立川恵による夢幻伝説 タカマガハラの英語版コミックです。全5巻。

夢幻伝説 タカマガハラ Dream Saga 英語版コミック

夢幻伝説 タカマガハラ 日本語オリジナル版

夢幻伝説 タカマガハラ 英語版

日本神話の高天原伝説をモチーフにしたファンタジー作品ですね。小学五年生の若狭結姫は登校途中に空から降ってきた赤い勾玉を拾い、それを持って鏡の前に立つと女性が現れて「高天原」を救ってくれと結姫に頼む。そうして夢の中での冒険が始まる…という感じのお話です。日本神話をモチーフにしているといってもそんなに堅苦しいものではなく、まったく知識がなくても楽しめます。

全5巻というボリュームで、英語で本を読むことに慣れていない方にも丁度よい長さです。まったく初めてだという方にはちょっと長いかも知れませんが、最終巻を読み終えるころにはだいぶ慣れていることでしょう。耳慣れない日本の固有名詞がちょっと難しいかも知れませんが、翻訳者がそれらをどのように英訳しているか考えながら読むのもよいかも知れません。

怪盗セイントテール Saint Tail

なかよしで連載されていた立川恵による、怪盗セイントテールの英語版コミックです、全7巻。

怪盗セイントテール Saint Tail 英語版コミック

怪盗セイントテール 日本語オリジナル版

怪盗セイントテール 英語版

マジシャンを父にもつ聖ポーリア学院の2年生の羽丘芽美は、夜になると怪盗セイントテールとなって犯罪被害にあった人たちのために見習いシスターで親友の深森聖良と協力して奪われた金品を取り返している。警察でも捕まえられないセイントテールを追うのは市長よりセントテール逮捕の特命をうけた天才少年の飛鳥大貴。芽美は最初のうちこそ生意気な大貴の態度に対して起こっていたが、次第にセイントテールを追う大貴の真摯な姿勢に心惹かれていく…といった感じのストーリーです。

怪盗とそれを追う探偵もしくは刑事という構図は、推理小説や漫画・アニメではもう定番といっても良いですが。そこに追う者と追われる者の恋愛を絡めてくるのが少女漫画ならではといったところでしょうか。

全7巻ということで英語で読むにはちょっと長いかも知れませんが、時間をかけてじっくり読めば不可能というほどでもありません。もともとそれほどセリフの多い作品ではありませんので、お子様の英語学習ように買い揃えてプレゼントするというのもありだと思います。

シュガシュガルーン Sugar Sugar Rune

なかよしで連載されていた安野モヨコによるシュガシュガルーンの英語版コミックです。全8巻。

シュガシュガルーン Sugar Sugar Rune 英語版コミック

シュガシュガルーン 日本語オリジナル版

シュガシュガルーン 英語版

安野モヨコというとハッピーマニアをはじめとしてハイティーンから大人の女性向けの作品を描いているというイメージがあったのですが、女児向けの作品も描いていたんですね。かと思えば花とみつばちを青年誌で描いていたりと本当に多才な人ですね。

それでも左の表紙を見てもらえれば解っていただけると思いますが、やはり独特のカラーと言いますか安野モヨコならではのオシャレな感じが伝わってきます。そしてその世界観は国内ばかりでなく、海外でも高い評価を受けました。北米最大規模のアニメ紹介サイトである Anime News Network のレビュワーの一人である Carlo Santos は、2008年のレビューでこの作品を「ここ5年のファンタジー漫画の中でもっとも良い」と評価しています。

英語版は翻訳漫画出版大手の Del Rey から発売されています。

東京ミュウミュウ Tokyo Mew Mew

なかよしで連載されていた原作・原案:吉田玲子、作画:征海未亜による、東京ミュウミュウの英語版コミックです。東京ミュウミュウは全7巻、東京ミュウミュウあ・ら・もーども英訳されていてこちらは全2巻です。小さい頃にこの作品が大好きだったお子様の英語学習にうってつけではないでしょうか。

東京ミュウミュウ Tokyo Mew Mew 英語版コミック

東京ミュウミュウ 日本語オリジナル版

東京ミュウミュウ 英語版

5人の少女が変身して戦う美少女戦隊ものの名作です。アニメが放映されて子供たちに大人気となりましたね。作画担当の征海未亜氏は連載開始当時はまだまだ新人で、多少荒削りな部分はありますが魅力的なキャラクターを描いています。

海外での反応ですが、日本と同様に子供たちを中心に大人気となり、英語版コミックも少女向け作品としては異例のセールスを記録しました。最初の発売からそれなりに時間が経過しているのにも関わらず根強い人気を保っていますね。

また前述の通り、小さいころにこの作品を見ていたお子様の英語学習用にちょうど良いかと思います。作品自体が小さな子供向けに作られているので、難しい言葉使いや単語があまりなく中学生や高校生くらいの英語力の方にぴったりです。まずは1、2冊程度プレゼントしてみて、意欲的に読むようだったら続きをプレゼントしてあげると効果的に英語学習ができるでしょう。