うる星やつら The Return of Lum

80年代アニメの人気をガンダムと二分する作品と言ってもいいでしょう、高橋留美子によるうる星やつらの英語版コミックです。英語版のタイトルが「ラム再び」みたいになってるのは出版元であるVIZ Media LLCの都合でしょうか?

うる星やつら The Return of Lum

うる星やつら 日本語オリジナル版

うる星やつら 英語版

うる星やつらの(特にヒロインであるラムの)ファンといえばオタクの代名詞であった時代もありましたが、最近ではそんな話すら懐かしく感じてしまう様になってしまいました。あの当時は日本のアニメや漫画がこんなに海外で受けいられるようになるとは思いもしませんでしたね。もちろん当時でもコアなうる星やつらの海外オタクがいるにはいましたが、今ほどではありませんでした。まあ裾野が広がっただけで本当にコアなファンは昔からさほど変わってないのかも知れませんが。

うる星やつらと言えば、日本のアニメ・漫画に特有の “何故かは解らないが主人公がやたらとモテる” というひとつの様式美を生み出した作品とも言えます。この作品は主人公の あたる に惚れてるのはラム一人なので、後のハーレム作品ほど多数の女キャラにはモテていませんが、核となる主人公の周りに複数の女キャラがいて、味付けとしてライバルの男キャラがいるという形はやはり後のハーレム作品の草分けといって差し支えないと思います。

最近では主人公以外の男キャラがむしろ主人公に好意をもっていたり、主人公以外の男キャラが登場しないなんていう風にハーレム状態がさらに強化された作品が多いのですが、うる星の あたる と面堂の様な 絶妙なセリフのやり取りが見られなくなったのは残念でなりません。



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga