Dr.スランプ Dr. Slump

アラレちゃんといえば懐かしく思う人も多いのではないでしょうか?鳥山明による名作ギャグ漫画の英語版コミックです。全18巻。また劇場版 Dr.スランプ アラレちゃんの北米版アニメDVDもあります(※リージョンコードに注意)。

Dr.スランプ Dr. Slump 英語版コミック

Dr.スランプ 日本語オリジナル版

Dr.スランプ 英語版

鳥山明氏は海外で最も有名な日本の漫画家の一人だと思いますが、やはり氏の作品ではドラゴンボールの方が圧倒的に知名度は高いでしょうね。ただこの作品にはスーパーマンのパロディである「スッパマン」やスターウォーズのストームトルーパーの様なキャラクターがでてきたりと、海外の人にもウケる要素がたっぷりあると思います。擬音表現に英語を使ったり、この時代としては珍しくアメコミ的表現も多いですしね。日本人にもドラゴンボールよりDr.スランプの方が好きだという人も結構いるみたいなので、海外の人たちにもこの作品を好きになってもらえたらいいなと思います。

英語版は翻訳漫画出版大手の VIZ Media から発売されています。全18巻を英語で読むのは決して楽ではないですが、じっくりと時間をかけて読んで英語学習に役立ててください。何度読んでも飽きない面白さがこの作品にはあります。

またアメリカのAmazonのレビューではこの作品に対して以下のような感想が寄せられています。

Zack Davisson:☆☆☆☆☆
“日本で最も人気のある漫画のひとつ”

Dr.スランプは日本でかなり人気のある漫画の一つではあるが、アメリカではそれほど名前が知られてはいない。それはおそらくアメリカの人々が抱く漫画のイメージとは少し違うからかも知れない。どちらかと言うと漫画というより、新聞に掲載されているコミックストリップの様な感じで、鋭いジョークが込められた短いシーンの連続で話が成り立っている。ユーモアの種類は日本的な、体を張ったギャグが中心となっている。

このDr.スランプが日本の小学生を主な読者層とて描かれた作品であるにも関わらず、VIZ Media がレーティングをTeen向けに設定しているのは少し面白い。これは日本とアメリカの子供作品の表現に対する基準の差異を表している。しかも VIZ Media はこの作品のレーティングをTeen向けに設定するだけにとどまらず、特にヌードを始めとする性表現やアルコールの表現に対して編集を加えてもいる。

第1巻はまず作品世界の紹介から始まる。天才科学者である則巻千兵衛は完璧な人間型ロボット・アラレを発明する。しかしアラレは彼が当初目指していたようなロボットでは無かった。視力が弱くて眼鏡による矯正を必要とし、小さな女の子とは思えないほどの怪力を持っていた。

これを基本設定に展開するジョークの良い例を挙げよう。アラレが学校でシャワーを浴びていると、クラスの他の女子たちの体にはあってアラレの体には無い体の部分がある事に気づく。アラレは千兵衛に対して自分もその部分が欲しいとねだるのだが、千兵衛は女性のその部分をこれまでに一度も見たことが無いためにどんなものがついているか知らなかったのだ。こうして千兵衛はアラレを完全な女性型ロボットにするために、女性の裸を見ようとするのだ。

この作品は本当にびっくりするほど面白い。VIZ Media が作品に編集を加えたのは残念だが、北米で出版するためには仕方がなかったのだろう。試しに第1巻を読んでもらえれば、あっという間にハマる事は間違いない。

Kit:☆☆☆☆☆
“言葉にできない面白さ!”

Dr.スランプは決して色あせる事のない名作で、鳥山明の最初の大ヒット作だ。ドラゴンボールの初期に見られたようなギャグが好きな人々は、間違いなくこのDr.スランプで展開されるギャグも気に入る事だろう。あなたが笑いを愛する人ならば、この作品を読む事をお勧めする。

Kenny J. Watson:☆☆☆☆☆
“楽しくおバカで少しおかしい”

ドラゴンボールを描く前に、鳥山明はまったく違う作品を描いていた。Dr.スランプはおかしなギャグ漫画で、強いキャラ同士が戦う漫画ではない。その代わりにやたらと強くて愛らしい小さな女の子が登場する。

マッドサイエンティストの則巻千兵衛は自分の才能を世に示すためにロボットの女の子を発明する。彼は完全に人間と同じな女の子を作りだそうとしたのだが、いくつか普通の人間とは違う欠点があった。まだ作られたばかりという事もあるが、彼女にはこの世の物事に対する知識がまったくなく、何より常識が無かったのだ! 地面に落ちているうんちをつついて楽しんだり、怪力を持ちながらその事を自覚していなかったり。

第1巻は、その後の巻の作画とは少し異なる部分があり、アラレは第1巻では少し大人びて見える。



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga