カテゴリー別アーカイブ: ボーイズラブ漫画

それなりに真剣なんです。 Only Serious About You

CitaCitaで連載されていた、麻生海によるBL(ボーイズラブ)漫画、それなりに真剣なんです。の英語版コミックです。全2巻。

それなりに真剣なんです。 Only Serious About You 英語版コミック

それなりに真剣なんです。 日本語オリジナル版

それなりに真剣なんです。 英語版

幼稚園児の娘を育てながら小料理屋で働くシングルパパの大沢直樹。店の常連でゲイである事を公言し男にだらしなく、会うたびに大沢を口説く吉岡誠一。ノンケで子育てに追われる日々を送っていた大沢は、はじめは吉岡に対してあまり良い感情を抱いていなかったのだが、ある時娘の千都の体調が崩れたことをきっかけに千都が回復するまで、店から近い吉岡のマンションに同居する事になり、だんだんと警戒を解いていく…という感じの作品です。

英語版はBL系漫画の翻訳出版に数多くの実績のある Digital Manga Publishing から全2巻すべてが発売されています。しかしこの Digital Manga Publishing は毎月コンスタントにBL作品の英語版を発売していますが、北米の読者の方にそれだけ十分なBL需要があるという事に毎度驚かされませすね。

FULLMOONにささやいて Until the Full Moon

BE×BOYで連載されていた、真東砂波によるBL(ボーイズラブ)漫画、FULLMOONにささやいての英語版コミックです。全2巻。MiChao!で連載されていた@FullMoon(アットフルムーン)の英語版もあります。こちらも全2巻。

FULLMOONにささやいて Until the Full Moon 英語版コミック

FULLMOONにささやいて 日本語オリジナル版

FULLMOONにささやいて 英語版

吸血鬼一族の従兄弟同士であるデビッドとマーロは幼馴染で大の仲良しだった。成長して再会した二人だったがなぜかマーロはデビッドによそよそしい態度を取る。実は吸血鬼と人狼の血をひくマーロにはデビッドには言えない秘密があって…という感じのファンタジー作品です。

なお日本語オリジナル版にビブロス社から発売されているバージョンと講談社から発売されているバージョンの2種類あるのと同様に、英語版にも2種類のバージョンがあります。表紙を見比べればだいたい解ると思いますが、ビブロス社版がブロッコリーの北米子会社 Broccoli Books から、講談社版が講談社の北米子会社 Kodansha Comics から発売されています。Broccoli Books のバージョンは在庫が少なく値段も高いので、これから買われるという方は Kodansha Comics のバージョンを買われた方が良いでしょうね。

ブリリアント☆BLUE Brilliant Blue

Dear+(ディアプラス)にて連載されていた、依田沙江美によるBL(ボーイズラブ)漫画、ブリリアント☆BLUEの英語版コミックです。全2巻。

ブリリアント☆BLUE Brilliant Blue 英語版コミック

ブリリアント☆BLUE 日本語オリジナル版

ブリリアントBLUE 英語版

都会で働いていた章造は、腰痛を悪化させた父の代わりに工務店を手伝うために久しぶりに故郷に帰ってきた。そこで再会した幼馴染の七海は昔と変わぬ天然おバカっぷりだけど、すごく綺麗になっていた。はたしてガテン系田舎暮らしの二人の恋の行方は!?…という感じの作品です。

英語版はBL系漫画の翻訳出版に数多くの実績のある Digital Manga Publishing のレーベル、DokiDoki から全2巻すべてが発売されています。この DokiDoki ってなんだろう? と思って調べてみたら、Dear+ など新書館系列の作品を発売する時にはこのレーベル名を使用する事になっているみたいですね。つまり今後他にも新書館系列のBL作品の英語版が発売される可能性があるという事ですので、BLファンの方は要チェックでしょう。

GP学園生徒会執行部 Great Place High School

GAMEピアスにてGP学園情報処理部というタイトルで連載を開始し、その後掲載誌をCitaCitaに移して作品タイトルや主人公も変えて連載している、こうじま奈月によるBL(ボーイズラブ)漫画、GP学園生徒会執行部の英語版コミックです。

GP学園生徒会執行部 Great Place High School 英語版コミック

GP学園生徒会執行部 日本語オリジナル版

GP学園生徒会執行部 英語版

英語版のフルタイトルは “Great Place High School: Student Council” ですね。前述のタイトル変更前の作品、GP学園情報処理部(表紙を見る限りジェネコミックスバージョンですかね?)の英語版も発売されているようです。英語版の発売元はBL系漫画の翻訳出版に数多くの実績のある Digital Manga Publishing で、いまのところ第4巻まで発売されています。

BL作品にとどまららず、もはや学園を舞台にした作品には欠かすことのできない生徒会の存在ですが、海外のBLファンの方たちもきっとこういう生徒会に萌えたりするんでしょうね。そういえば海外のアニメファンの男性の話ですが、「アニメや漫画にでてくる日本の学園生活に憧れがある。特に先輩・後輩という人間関係は私の国には無いので非常に憧れる。」と言っておられる方がいました。そういえば海外では学校に制服が無い国も多いですから、そういう細かな点だけでも日本の学園という舞台には海外の人たちを惹きつける何かがあるのかも知れませんね。

MADNESS マッドネス

コミックマガジンリンクスにて連載されていた、霜月かいりによるBL(ボーイズラブ)漫画、MADNESSの英語版コミックです。全2巻。

MADNESS マッドネス 英語版コミック

MADNESS 日本語オリジナル版

MADNESS 英語版

時は未来。混迷の時代に生まれた殺人集団「MADNESS」の頭目である狂は、記憶喪失となり教会に幽閉されていた。そんな彼をかいがいしく世話する神父のイザヤであったが、次第に狂の内面の優しさに惹かれていく。そんな日はいつまでも続かず、教会は襲われ自由となった狂は記憶と本性を取り戻す。こうしてイザヤは教会から連れだされ、狂たちの旅に同行させられるハメとなるのであった…という感じの作品です。

英語版は北米におけるかつての翻訳漫画出版大手 Tokyopop のBL専門レーベル、Blu Manga より全2巻すべてが発売されています。しかしその出版社の Tokyopop が2011年5月をもって北米における翻訳出版事業から撤退してしまいました。ですから今後在庫が希少となる可能性もありますので、この作品の英語版に興味のある方は早めに買っておかれた方が良いでしょう。

G線上の猫 Il Gatto Sul G

CRAFTにて連載されていた、宮城とおこによるBL(ボーイズラブ)漫画、G線上の猫の英語版コミックです。全3巻。

G線上の猫 Il Gatto Sul G 英語版コミック

G線上の猫 日本語オリジナル版

G線上の猫 英語版

英語版タイトルの “Il Gatto Sul G” はイタリア語で、”The Cat on G / G線上の猫” という意味ですね。

著名な音楽家を親に持ち、将来を嘱望されながら音楽学校にてバイオリンを学ぶ成川理也には人には言えない秘密があった。それは自分の中にいるもう人の自分。理也の秘密を共有する大学生の池田篤志、理也に複雑な想いを抱き理也を翻弄する先輩の香坂遥人、果たして悩める理也の運命は…という感じの作品です。

英語版はBL系漫画の翻訳出版に数多くの実績がある Digital Manga Publishing より全3巻すべてが発売されています。この会社自体は別にBL専門という訳ではないのですが、801 Media というちょっと過激なBL専門レーベルを起ち上げるなどBL好きなら注目必須の翻訳漫画出版社です。

下弦の月夜の物語 Tale of Waning Moon

花音にて連載中の、富士山ひょうたによるBL(ボーイズラブ)漫画、下弦の月夜の物語の英語版コミックです。

下弦の月夜の物語 Tale of Waning Moon 英語版コミック

下弦の月夜の物語 日本語オリジナル版

下弦の月夜の物語 英語版

意中の女性にフラレて落ち込み、願いが叶うという伝説の丘で「純粋に愛し愛されることのできる相手がほしい」と願ったリュカの前に現れたのは、「下弦の月の精」だと名乗る男・イクストだった。イクストはリュカの願いを叶えると言うのだが、彼の選ぶ相手はすべて男。そんなイクストに怒り狂うリュカだったが、逆にイクストに襲われ、男限定でモテモテになるという呪いまでかけられてしまう。こうして男達に求愛されながらのリュカの苦難の旅が始まるのだった…という感じの作品です。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Yen Press から順調に発売されています。Yen PressってBL作品の翻訳もしてたんですねえ。ちょっと調べてみたら2008年ごろからBL作品の翻訳も手がけているみたいですね。これは北米におけるBLファンが着実に増えているという事をあらわしているのかも知れません。

キスブルー Kiss Blue

CRAFTにて連載されていた、木下けい子によるBL(ボーイズラブ)漫画、キスブルーの英語版コミックです。全2巻。

キスブルー Kiss Blue 英語版コミック

キスブルー 日本語オリジナル版

キスブルー 英語版

女にだらしない野田とお人好しの友坂は高校生の頃からの親友である。大学生になっても仲良しだった二人だが、ある時友坂は自分の中の野田に対する恋心に気づく。報われることのない恋に苦悩する友坂だったが、そんな友坂の変化に野田が気づいて…という感じの作品です。

英語版はBL系漫画の翻訳出版に実績のある Digital Manga Publishing より第1巻・第2巻ともに発売されています。友情と恋の狭間で揺れる野田と友坂それぞれの台詞がどんな英語で表現されているのか考えながら読むと楽しいでしょう。全2巻というボリュームもちょっと英語で本を読んでみようという方の入門用としても最適です。内容的に友人にプレゼントという訳にもいかないかも知れませんが、本当に好きな人にあげたら喜ばれるでしょうね。

恋する暴君 Tyrant Falls in Love

GUSHにて連載されていた、高永ひなこによるBL(ボーイズラブ)漫画、恋する暴君の英語版コミックです。全8巻。

恋する暴君 Tyrant Falls in Love 英語版コミック

恋する暴君 日本語オリジナル版

恋する暴君 英語版

大学院農学部の修士課程で研究に従事する森永哲博は入学直後に先輩である巽宗一に一目ぼれをしてしまう。以来5年間片思いを続けているのだが、当の宗一は大のホモ嫌いで恋人になるどころか暴言や暴力を受ける日々。そこで友人に相談すると怪しい催淫ドリンクを手渡され、それを宗一に飲ませて既成事実を作ってしまえとそそのかされる。森永はそんな事できないと、そのドリンクをタンスの奥にしまい込むのだが、そうとは知らぬ宗一は酔った勢いでそのドリンクを見つけて飲んでしまうのだった…という感じの作品です。

英語版はBL漫画の翻訳に多くの実績を持つ Digital Manga Publishing から現在のところ第5巻まで発売されており、第6巻の発売が2012年の5月に予定されています。おそらくその後も第7巻、第8巻と発売されると思いますので、この作品のファンの方はこれを機に英語版を買い揃えられてはいかがでしょうか。

ファインダーシリーズ Finder Series

Be x Boy GOLDにて連載中の、やまねあやのによるBL(ボーイズラブ)漫画、ファインダーシリーズの英語版コミックです。

ファインダーシリーズ Finder Series 英語版コミック

ファインダーシリーズ 日本語オリジナル版

ファインダーシリーズ 英語版

この作品の第1巻から第3巻には、ビブロス出版から発売されている旧版と、リブレ出版への移籍後に発売された新装版の2種類があり、日本語版でも少々ややこしいことになっていますが、英語版も同様に複数の出版社から異なるバージョンが発売されていますので購入時には注意が必要です。

このページからのリンクは解り易いように出版年月の新しい順番で表示されるようにしてありますので、購入前には商品タイトルや出版年月日や出版社名などをよく確認してください。私としては Digital Manga Publishing から発売されているバージョンが新しく価格も安い傾向にあるみたいなのでおすすめです。(なぜか第1巻の出版社名だけが Diamond Comic Distributors となっていますが、商品登録ミスですかね?)

以下にこの作品の日本語タイトルと、Digital Manga Publishing から発売されている英語版のタイトルをまとめておきます。

  • ファインダーの標的 / Target in the View Finder
  • ファインダーの檻 / Cage in the View Finder
  • ファインダーの隻翼 / One Wing in the View Finder
  • ファインダーの虜囚 / Prisoner in the View Finder
  • ファインダーの真実 / Truth in the View Finder
  • ファインダーの熱情 / Passion Within the View Finder
2 / 41234