タグ別アーカイブ: 少女コミック

妖しのセレス Ceres

週刊少女コミックで連載されていた、渡瀬悠宇による妖しのセレスの英語版コミックです、全14巻。また妖しのセレスの北米版アニメDVDもあります(※リージョンコードに注意)。

妖しのセレス Ceres, Celestial Legend 英語版コミック

妖しのセレス 日本語オリジナル版

妖しのセレス 英語版

キャッチコピーは「天空お伽草子」、英語では “Celestial Legend” という副題がついています。日本各地に伝わる羽衣伝説をモチーフにしたSFファンタジーですね。御景家によって羽衣を奪われた天女セレスの生まれ変わりの御景妖が、自身の出身一族である御景家と敵対してその能力によって戦うという感じのストーリーです。

なおこの作品の英語版ですが、第1巻から第4巻までの4冊が2バージョンあります。まず初めに日本語オリジナル版とは逆の左開きのバージョンが第1巻から第4巻まで発売されて、その後また改めて日本語オリジナル版と同じ右開きのバージョンが第1巻から最終巻までリリースされました。話の内容はまったく同じなのですが、全巻右開きで綺麗に揃えたいという方は商品説明の発売日を確認して日付が新しい方を選んでください。

僕等がいた We Were There

ベツコミ(別冊少女コミック)にて連載されている、小畑友紀による、僕等がいたの英語版コミックです。

僕等がいた We Were There 英語版コミック

僕等がいた 日本語オリジナル版

僕等がいた 英語版

2012年には実写映画が公開される予定となっていますね。少女漫画というと彼氏と両思いになってハッピーエンドという作品が多いと思いますが、この作品は高校生のころの淡い恋愛から始まり、遠距離恋愛、彼氏の失踪、三角関係と登場人物の成長とともに人間関係も複雑化していきます。あくまでフィクションなのでまるで絵に描いたような感じはありますが、ハッピーエンドで終わりじゃないストーリー展開にはどことなくリアリティを感じる方も多いのではないでしょうか。

さて英語版コミックマニアとして気になるのはこの作品の海外での評価です。ハリウッド映画なんかの影響で男女関係については日本より北米の方が進んでいるイメージがありますが、実際には地域や信仰によっては保守的な家庭も多いです。果たしてどのくらいの数の方がこの作品に共感して面白いと思ってくれるでしょうか。ただ個人的には英語圏よりはアジアで人気がでそうな予感はしますね。

天使のキス Forbidden Dance

別冊少女コミックで連載されていた芦原妃名子による、天使のキスの英語版コミックです。全4巻。

天使のキス Forbidden Dance 英語版コミック

天使のキス 日本語オリジナル版

天使のキス 英語版

バレエを題材にした作品ですね。過去にバレエコンクールで怪我をして以来踊れなくなってしまった藤井彩。ある日男性だけのバレエチーム「COOL」の演目を見て再び踊りたい衝動にかられた彩は、COOLの日比谷アキラに入団を申し込むが、バレエのコンクールで1位を取るという条件を出される…という感じの物語です。

全4巻ということで、ちょっと英語で読んでみるにはちょうどよいボリュームです。バレエに関する専門用語などがでてきますが、その辺もあわせて勉強されると良いでしょう。

この作品の英語版は翻訳漫画出版大手の Tokyopop から全4巻すべてが発売されていますが、その出版社の Tokyopop が2011年5月をもって北米における翻訳出版事業から撤退してしまいました。ですから今後在庫が希少となる可能性もありますので、この作品の英語版に興味のある方は早めに買っておかれた方が良いでしょう。

東京少年少女 Tokyo Boys & Girls

別冊少女コミックで連載されていた、相原実貴による東京少年少女の英語版コミックです、全5巻。

東京少年少女 Tokyo Boys & Girls 英語版コミック

東京少年少女 日本語オリジナル版

東京少年少女 英語版

もともとの作品は1990年代に描かれた漫画ですね。時代でいうとちょうどバブル期あたりでしょうか。あの頃の「東京」というのは、とにかく輝いて見えたような印象が私にはあります。表紙の画像は新装版のものを使用しているのでそれほど古くは感じないですが、中身はそれなりに時代を感じます。しかし今よむと逆に新鮮というか面白い感じがしてくるから不思議です。

英語版は翻訳漫画出版大手の VIZ Media から発売されています。上述のとおり表紙のデザインは新装版コミックスの方を採用していますが、これは良い判断だと私は思います。全5巻ということで英語で本を読むことに慣れていない方でも、なんとか読めるボリュームだと思います。昔読んでいた人も、まだ読んだ事がない人もこの作品で英語を学ばれてはいかがでしょうか。

快感フレーズ Sensual Phrase

少女コミックで連載されていた新條まゆによる、快感♥フレーズの英語版コミックです。
オリジナルの日本語版は全17巻で、英語版は全18巻。

快感フレーズ Sensual Phrase 英語版コミック

快感フレーズ 日本語オリジナル版

快感フレーズ 英語版

文才をもった女子高生・雪村愛音がビジュアル系ロックバンドのボーカリスト大河内咲也と出会い、その文才を生かして処女のHな妄想を歌詞して欲しいと頼まれる所から物語は始まります。

なお日本のアニメ主題歌などの影響でしょうか、日本のビジュアル系バンドのファンの方が海外にも結構いらっしゃるみたいですね。日本のビジュアル系も元々は海外のロックバンドの音楽や衣装を真似る所から始まったのですが、その後日本独自の進化を遂げて逆輸出する形で海外で人気となるというのは実に面白い現象だと思います。

さてこの作品の大きなテーマのひとつに「詞」というのがありますから、それらがどのように英語訳されているかが非常に気になるところです。特に日本語の詞と比べて、訳者の方がどのように解釈して訳したのか考えながら読むと高い学習効果があるでしょう。むしろこういうのは学校の授業では決して学べませんから、自分なりの英語訳を考えるのも良いかも知れませんね。

砂時計 Sand Chronicles

ベツコミ(別冊少女コミック)にて連載されていた、芦原妃名子による砂時計の英語版です。全10巻。

砂時計 Sand Chronicles 英語版コミック

砂時計 日本語オリジナル版

砂時計 英語版

両親の離婚をきっかけに母親の故郷である島根で暮らすことになった12歳の少女・植草杏。最初は田舎での暮らしを嫌がっていたが近所に住む少年・北村大悟と出会った頃から島根での暮らしに馴染むようになる。そんななか母親が過労で倒れたために生活費を稼ごうとはじめたアルバイト先で月島藤と椎香という姉妹に出会う。しかし母親がついに過労から自殺をしてしまい、杏は母親に買ってもらった砂時計を遺影に投げつけてしまう。そんな杏に大悟は、壊れた砂時計と同じものを杏に渡して、ずっと一緒にいると約束をする。そうして二人は次第に惹かれあい付き合うようになったのだが…という感じの物語です。

この作品は砂時計を象徴として、過去・現在・未来が絡み合って話が進行します。上のあらすじは過去の回想で、26歳になった杏が昔を思い出すという所から話が展開していくような感じです。小説や映画なんかでは結構昔からある手法ですが、少女漫画では珍しいのではないでしょうかね。その緻密なストーリー構成が受けたのか、テレビドラマ化や実写映画化もされて人気となりました。

全10巻という事で英語中級者以上の方におすすめしたい作品です。上記の通り描かれる時間が複雑に絡みあって進行しますので、中途半端な理解ではすぐに物語が解らなくなってしまうかも知れません。そういう意味でもじっくり時間をかけて読んでもらいたいですね。

天は赤い河のほとり Red River

少女コミックで連載されていた篠原千絵による名作漫画、天は赤い河のほとり(そらはあかいかわのほとり)の英語版コミックです、全28巻。

天は赤い河のほとり Red River 英語版コミック

天は赤い河のほとり 日本語オリジナル版

天は赤い河のほとり 英語版

古代オリエントの世界にタイムスリップしてしまった少女・鈴木夕梨の冒険を描いた作品ですね。ヒッタイト帝国を中心にエジプトなど当時の国や偉人などが登場します。歴史のロマンの中で行動的な主人公が大活躍し、ヒッタイトの民から戦いの女神・イシュタルとして崇められるようになります。もちろん少女漫画らしくヒッタイトの皇子との恋愛も丁寧に描かれていますね。

この作品はもちろんフィクションですが、日本人には馴染みの薄いオリエントを舞台に史実と絡めて上手に物語が進行します。英語で読む場合にはそれらオリエントならではの固有名詞が難しいと思いますが、辞書をひきながら歴史の知識も補うようにして読むと良いでしょう。28巻というボリュームは実に読み応えがあります。

H3スクール! Happy Hustle High

少女コミックにて連載された、高田りえ氏のH3スクール!の英語版コミックです。全5巻。

H3スクール! Happy Hustle High 英語版コミック

H3スクール! 日本語オリジナル版

H3スクール 英語版

タイトルの “H3” とはHappy Hustle Highの頭文字をとったものですが、英語版ではそのままタイトルになっていますね。主人公の大空花美は通っていた女子高が男子高が合併することになったのだが、男子高には男女交際禁止の校則があった。その校則を廃止させるために生徒会に乗り込んだ花美だったが、女嫌いの生徒会長の雅楽恭明と対立することになる…という感じの学園ラブコメ作品です。

少女漫画では王道の部類に入るのではないでしょうかね。行動的なヒロインとそれに対立する男子、そして三角関係などを経て次第に惹かれあっていくというのは典型的だと思います。

全5巻ということで英語版漫画にあまり慣れていない方でも安心して読むことができるボリュームだと思います。全巻そろえてプレゼントとしても最適ですね。

ふしぎ遊戯  Fushigi Yugi the Mysterious Play

少女コミックにて連載されていた、渡瀬悠宇によるふしぎ遊戯の英語版コミックです、全18巻。続編である玄武開伝も英訳されていてそちらは続刊中。

ふしぎ遊戯 Fushigi Yugi the Mysterious Play 英語版コミック

ふしぎ遊戯 日本語オリジナル版

ふしぎ遊戯 英語版

図書館の立ち入り禁止区域で見つけた四神天地書に吸い込まれて古代中国をモチーフにした異世界に飛ばされ、そこで朱雀の巫女となった夕城美朱と、青龍の巫女となった本郷唯。二人は親友であったが、異世界で与えられた宿命によって対立を余儀無くされる。果たして二人は無事に帰ることができるだろうか…という感じの異世界ファンタジー作品ですね。アニメ化もされて非常に人気となりました。

さて上述の通りこの作品は全18巻ですが、この作品はややこしいことに英語版のバージョンが何個かあります。まず最初に出版されたバージョンは、日本の漫画とは逆の左開きのため内部の絵が左右反転しているバージョンで、第8巻までリリースした所で続きが発売されなくなりました。次に出版されたバージョンは、日本の漫画と同じ右開きのため内部の絵も同じのバージョンで、最終巻まで発売されています。次に発売されたのが、およそ3巻分を1巻にまとめた分厚い VIZBIG Edition というもので、こちらが全6巻(3×6=18巻、つまり最終巻まで)発売されています。値段的には VIZBIG Edition を購入するのが一番安くすむでしょうか。

また上述のとおり続編である玄武開伝も英語版が発売されており、こちらはいまのところ第9巻までリリースされています。タイトルにローマ字で Genbu Kaiden とあるのがこれですね。

なお原作者である渡瀬悠宇氏の要望により、英語版コミックに登場する異世界における固有名詞は全て中国語の発音を英語で表現したピンインで記述されています。たとえば北甲(ほっかん → Bei-Jiang)・琮鬼宿(そうきしゅく → Cóng Guǐ Xiù)というような感じになっていますので、この辺は日本の英語学習者は慣れないと大変ではないかと思います。

ありす19th Alice 19th

少女コミックにて連載されていた、渡瀬悠宇によるありす19th(ありすナインティーンス)の英語版コミックです。全7巻。

ありす19th Alice 19th 英語版コミック

ありす19th 日本語オリジナル版

ありす19th 英語版

思っている事がなかなかいえない内気な性格の女子高生・瀬野ありすはある日、車にひかれそうになっているウサギを助ける。その事がきっかけで憧れの先輩・若宮叶と話すことができて喜ぶありすだったが、一つ年上の姉の真由良に先を越されてしまう。ショックで泣いているありすの元に助けたウサギのニョゼカが現れて、ありすが聖なる言葉の使い手・ローティスマスターであることを告げるのだった…という感じのファタンジーラブコメ作品です。

アリスとウサギということで、不思議の国のアリスをモチーフにした物語であることは間違いないでしょうね。しかしさらに現代的なアレンジに加えて少女漫画ならではの連載要素を足して独特の世界観を作り出しています。

全7巻ということで、英語版コミック初心者の方でもそれほど苦労をせずに読破することができるでしょう。無理をせずゆっくり時間をかけて読むことが英語版コミックを読むときのコツです。