タグ別アーカイブ: 電撃コミックス

エルフを狩るモノたち Those Who Hunt Elves

月刊電撃コミックガオ!で連載されていた、矢上裕によるエルフを狩るモノたちの英語版コミックです。またエルフを狩るモノたちの北米版アニメDVDもあります(※リージョンコードに注意)。

エルフを狩るモノたち Those Who Hunt Elves 英語版コミック

エルフを狩るモノたち 日本語オリジナル版

エルフを狩るモノたち 英語版

ファンタジーな世界でエルフを脱がすという、なんとも驚く(笑える)設定のこの作品ですが、海外でも割りとすんなり受け入れられたみたいです。

なおファンタジー世界ではおなじみのエルフですが、もともとはゲルマン神話にでてくる小さな妖精だったそうで、どちらかというとあまり良くない存在として受け取られる事が多かったみたいです。それが J・R・R・トールキンの名作「指輪物語」が大ヒットした事によってこの作品中に登場する、「美しく、賢く、長命な」エルフ像がファンタジー世界に定着したようです。

このエルフを狩るモノたちも、そういう美しく賢い存在であるエルフを無理やり脱がすという点が面白いわけですから、ファンタジー作品というものは不思議な感じがします。

おねがいツインズ Onegai Twins

アニメが大人気となりましたね、おねがい☆ツインズの雑破業によるライトノベルの英語版と、あきかんの作画によるコミックの英語版です。著者名に雑破業(Go Zappa)の名前がある方がノベルで全2巻。あきかん(Akikan)の名前がある方がコミックで全1巻です。またおねがい☆ツインズの北米版アニメDVDもあります(※リージョンコードに注意)。

おねがい☆ツインズ Onegai Twins 英語版ライトノベル&コミック

おねがい☆ツインズ 日本語オリジナル版

おねがい☆ツインズ 英語版

私がこの作品のタイトルを初めてみた時には、妹が12人でてくる某作品のように双子の姉妹がたくさんでてくる作品なのだろうと思いましたが(双恋との勘違いですね)、違ったようです。一人暮らしをしている男の子の家に、その男の子の双子だと名乗るそれぞれ別の女の子が二人訪ねてくるというお話です。

漫画やアニメの世界での複雑な人間関係は、ドラマ性を際立たせる要素になりますが、さすがにこの作品の設定は変化球すぎるような気もしますね。まあ前述の妹12人よりはマシかも知れませんが・・・

なお姉妹作品?であるおねがい☆ティーチャーのライトノベル版と漫画版も同様に英訳されて発売されていますので、こちらも併せていかがでしょうか。

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ Kashimashi

月刊コミック電撃大王で連載されていた、原作 あかほりさとる・作画 桂遊生丸によるかしまし ~ガール・ミーツ・ガール~の英語版コミックです、全5巻。

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ Kashimashi 英語版コミック

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 日本語オリジナル版

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 英語版

原作が あかほりさとる という事で、「どうせちょっとエロい萌え漫画だろう」と思った人は正解です。しかしそこは あかほり先生、ちゃんとオリジナリティある設定を使って独自の世界観を描いています。突然女の子になってしまった少年と、彼(彼女?)を取り巻く二人の少女による三角関係というストーリーです。見た目だけ少女が一人と、生まれつきの少女が二人という事で、女三人寄れば姦(かしま)しいという訳ですね。

この作品はアニメ化もされていて、主人公(大佛はずむ)の声を植田佳奈、ヒロインの少女の一人である来栖とまりの声を田村ゆかり、もう一人のヒロインである神泉やす菜の声を堀江由衣がそれぞれ担当しています。個人的には漫画よりもアニメで観たい作品ですね。

英語版は北米の翻訳漫画出版社の Seven Seas から通常版全5巻とオムニバス版全2巻にて発売されています。

風ノ華魔龍八剣伝 Kaze No Hana

電撃コミックガオ!で連載されていた、原作 太田顕善・作画 巳蔦汐生による風ノ華魔龍八剣伝の英語版コミックです、全3巻。

風ノ華魔龍八剣伝 Kaze No Hana 英語版コミック

風ノ華魔龍八剣伝 日本語オリジナル版

風ノ華魔龍八剣伝 英語版

事故で両親と記憶を失い施設で育った少女・双海桃花。彼女はある時親戚に引き取られて信州の片田舎の充城市にやってきた。その道中で少年・一条樟太と出会った桃花だが、彼が化け物と戦う様を目撃する。実はこの充城市には古代に封印された邪神が眠っており、その尖兵たる荒神が人々を脅かしている。壬剣家を始めとする“壬剣一族”は、その邪神の封印を守るため八振りの魔剣を授かった人々なのだ。そして桃花の実家である双海家もまた壬剣一族の一員だったのである。

というのがこの作品のあらすじですが、豊富な裏設定を謎の形で残したまま第一部完という連載終了を迎えたこの作品を、今あえて英語で読もうという方がどれほどいるかわかりませんね。作画もなかなか良いし前述のあらすじも悪くないのに、原作者が広げすぎた風呂敷をたためなくなってしまったのでしょうか。実に残念な作品だと思います。

EAT-MAN イートマン

月刊電撃コミックガオ!で連載されていた、吉富昭仁によるEAT-MAN(イートマン)の英語版コミックです、全19巻。

EAT-MAN イートマン 英語版コミック

EAT-MAN 日本語オリジナル版

EAT-MAN 英語版

二度アニメ化もされているので知っている人も多いでしょうが、ネジや金属片を食べて体内で武器などに再構成できるという特殊能力を持った男、ボルト・クランクの不思議な冒険譚を描いた作品です。本人はいたって寡黙でハードボイルドなんだかよく解らないキャラクターですが、前述の不思議な能力のおかげで物語の中心的役割を効果的に果たしています。世界観はサイバーパンクとファンタジーがごちゃまぜになった感じで独特なものです。なんとなくトライガンのヴァッシュ・ザ・スタンピードが寡黙になった感じだと思うのは私だけでしょうか。

ストーリーは勧善懲悪的なノリからやがてSF的な謎を追う展開になっていきますが、この手の話が好きな人は読んで損はないと思います。

住めば都のコスモス荘 Dokkoida

阿智太郎の同名ライトノベルを矢上裕が漫画化した住めば都のコスモス荘の英語版コミックです。全3巻。

住めば都のコスモス荘 Dokkoida?! 英語版コミック

住めば都のコスモス荘 日本語オリジナル版

住めば都のコスモス荘 英語版

英語版の正確なタイトルは “Dokkoida?!” ですね。この作品は上述の通りもともとはライトノベル作品ですが、残念ながら英語版が発売されているのは漫画版のみです。

この作品はご存知の通り特撮ヒーロー作品へのオマージュが中心となっているのですが、海外の人達が読んで面白いものなんですかね? 海外のひとたちも名前くらいは知っていて、中には観た事のある方もいるんでしょうが、特撮ヒーローを子供の頃に観て育ったという方はかなり少ないんじゃないでしょうか。でもスーパーマンやスパイダーマンといったアメコミヒーローと重ねてみれば、それほど違わないのかも知れません。そのうちこういう部分でも海外の人と思い出を共有できるようになると良いですね。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の CMX から発売されています。

キーリ Kieli

壁井ユカコによる人気ライトノベル、キーリの英語版ライトノベルと、手代木史織の作画による同コミックの英語版コミックです。コミックは全2巻、著者名に手代木史織(Shiori Teshirogi)の名前がある方がコミックです。

キーリ Kieli 英語版ライトノベル&コミック

キーリ 日本語オリジナル版

キーリ 英語版

最近はラノベの英語版の出版も増えてきてファンにはうれしい限りですね。ライセンス取得後企画だけで販売されずに終了してしまう作品もありますが、こちらは順調に出版されています。あとはリリース間隔がもう少し短くなるとよいのですが、英訳のクオリティを保つためには多忙な原作者の確認も必要でしょうからいかんともしがたいのかも知れませんね。できれば原作サイドの出版社に英語版の販売を前提とした、現地の出版社とのやりとりを仲介するような専門の担当者を一人作ってもらいたいと思います。原作者や担当編集者は、オリジナルの日本語版のクオリティをさげてはいけないのですから、煩雑なやりとりを一手に引き受ける英語版専門の仲介役が一人いればだいぶ労力が減ると思うのですが、専門家を雇うほどの資金はないのでしょうか。英訳ラノベファンとしてはもっともっと多くの作品を英語で呼んでみたいです。

原作小説の英語版の副題は以下のとおりとなっています。

  • 1巻 死者たちは荒野に眠る / The Dead Sleep in the Wilderness
  • 2巻 砂の上の白い航跡 / White Wake on the Sand
  • 3巻 惑星へ往く囚人たち / Prisoners Bound for Another Planet
  • 4巻 長い夜は深淵のほとりで / Long Night Beside a Deep Pool
  • 5巻 はじまりの白日の庭(上) / The Sunlit Garden Where It Began, Part 1
  • 6巻 はじまりの白日の庭(下)/ The Sunlit Garden Where It Began, Part 2
  • 7巻 幽谷の風は吠きながら / As the Deep Ravine’s Wind Howls
  • 8巻 死者たちは荒野に永眠る(上)/ The Dead Sleep Eternally in the Wilderness, Part 1
  • 9巻 死者たちは荒野に永眠る(下)/ The Dead Sleep Eternally in the Wilderness, Part 2

Missing ミッシング

甲田学人によるライトノベルMissingの英語版および、睦月れいの作画による同作品のコミックの英語版です。著者名に睦月れい(Rei Mutsuki)の名前がある方がコミックです。コミックは全3巻。

Missing ミッシング 英語版ライトノベル&コミック

Missing 日本語オリジナル版

Missing 英語版

民俗学やオカルトの要素を取り入れた、本格的現代ホラーファンタジー。小説は全13巻 + 番外編 1巻ですが、小説版の英語版は残念ながら2巻までしか確認できません。コミックスの方は全3巻が英訳されていますね。

英訳されている分の小説の副題は以下のとおりです。

  • 1巻 神隠しの物語 / Spirited Away
  • 2巻 呪いの物語 / Letter of Misfortune

2011年5月に、英語版の出版社である Tokyopop が北米における翻訳事業から撤退してしまったので、3巻以降が発売される可能性はかなり少ないです。別の出版社があらたにライセンスを取得すれば続きが発売される可能性もないわけではないですが、いまのところあまり期待はできません。時代の流れといいましょうか、せっかく世界中で好評価を得ている日本のコンテンツ産業の世界における市場が徐々に縮小していくのはさびしい限りです。

爆れつハンター Sorcerer Hunters

あかほりさとるによる原作小説を臣士れいが漫画化した爆れつハンターの英語版コミックです、全13巻。

爆れつハンター Sorcerer Hunters 英語版コミック

爆れつハンター 日本語オリジナル版

爆れつハンター 英語版

あかほりさとる氏の原作ということでちょっとしたお色気シーンがあるのはいうまでもないですが、スケベまるだしの主人公がやたらとモテまくるという設定が面白い作品でもあります。またファンタジーではおなじみの魔法使いを悪いことをしたら懲らしめるという、どこかの時代劇でみたことのあるような設定を持ち込んだところにあかほり氏ならではの発想がありますね。

原作小説、コミック、TVアニメ、OVA、ドラマCDとたぶんにもれずメディアミックスを展開し、それなりの人気を得ました。北米ではコミックが Tokyopop から、アニメは ADV Films から英語版が発売されています。英語版を13巻も購入するのは結構お金がかかりますが、とりあえず1~3冊程度試しに読んでみて、続けられるようなら全巻揃えちゃっても無駄にはならないでしょう。

ストレイリトルデビル Stray Little Devil

月刊電撃コミックガオ!で連載されていた、森小太郎によるストレイリトルデビルの英語版コミックです、全5巻。

ストレイリトルデビル Stray Little Devil 英語版コミック

ストレイリトルデビル 日本語オリジナル版

ストレイリトルデビル 英語版

小さい頃祖母から教わった魔法陣を使って「優しい悪魔」を呼び出そうとした女子中学生の阿久町ぱむ、しかし魔方陣が暴走して天魔界とよばれる天使と悪魔が住む世界に飛ばされてしまった。そこではなぜか親友の凛花そっくりな天使がいて、ぱむも悪魔になってしまい、悪魔研修生見習いパムとしての修行の日々が始まる…といった感じのお話です。ありがちなファンタジー作品ではありますが、ファンタジー世界でドジっ子が繰り広げるドタバタギャグコメディが好きな人は買いだと言えるでしょう。

英語翻訳版の出版は Dr. Master Productions Inc というあまり有名ではない出版社です。ファンの方は早めに買っておかないと潰れてなくなってしまうかも知れませんね。近年は本当に北米で中小出版社の倒産や事業撤退が相次いで英語版コミックファンとして悲しい限りです。

3 / 512345