ノーゲーム・ノーライフ No Game No Life

榎宮祐によるライトノベル作品 ノーゲーム・ノーライフ の英語版ライトノベルとコミックです。またノーゲーム・ノーライフの北米版アニメブルーレイもあります(※国コード規制に注意)。

ノーゲーム・ノーライフ No Game No Life 英語版ライトノベル

ノーゲーム・ノーライフ No Game No Life 英語版コミック

ノーゲーム・ノーライフ 日本語オリジナル版

ノーゲームノーライフ 英語版

『  』(くうはく)と呼ばれる不敗の伝説を持つゲーマー、その正体はニートの兄の空とひきこもりの妹の白の二人組の義兄妹だった。ある日、空と白は正体不明の相手からチェスの対戦を挑まれ、これに勝利する。対戦相手は二人に賞賛を贈るが、同時にこの世界では生きにくいだろうと指摘する。この世界を「クソゲー」だと思っていた二人は、こうして異世界の神・テトに誘われ、暴力でも権力でもなくゲームの勝敗が全てを決する盤上の世界「ディスボード」へと召喚されるのであった…という感じの作品です。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Yen Press より、ライトノベルが現在第1巻のみが発売中で、第2巻は2015年7月21日、第3巻は10月27日とおよそ3か月に1巻のペースで発売される予定となっています。漫画版の方は Seven Seas より現在第1巻のみ発売中で、第2巻が2016年8月の発売予定となっています。

なお著者名の所に原作者の “榎宮祐 / Yuu Kamiya” の他に漫画版の作画担当の “柊ましろ / Mashiro Hiiragi” の名前がある方が英語版コミックです。

またアメリカのAmazonのレビューではこの作品の英語版ライトノベルに対して以下のような感想が寄せられています。

がしかし、アマゾンの商品ページはライトノベルと漫画版の区別をつけにくい仕様になっているため、ライトノベルを買おうとして間違えて漫画版を買ってしまったユーザーからの苦情がたくさん投稿されています(漫画版そのものの評価は別に悪くない様ですけど)。みなさんも購入時にはよく確認してから注文する様にしてください。以下は内容と投稿日からライトノベルを読んだ感想と思われるレビューを選んで翻訳しました。

FervidWriter:☆☆☆☆☆
“E評価のEはEcchiのE (※通常は Excellent のE)”

この本を君のお母さん、お父さん、ガールフレンドやその他の “Ecchi” という高尚な趣味を理解しない人々に読ませてはいけない。このライトノベルには Ecchi があふれていて、それらを上手く使ってコメディを作り上げている。現実世界に対する見方を少し変えて異世界を作るだけでこんなに素晴らしい物語が出来るだなんて! 第2巻の発売が待ち遠しい。

Kindle Customer:☆☆☆☆☆
“本当に素晴らしくて続きを読むのが待ちきれない”

実に良く書かれていて本当に面白かった。時々挿入されるイラストも良かった。あまり若い読者には適切とは言えないシーンがいくつかあるので、私は成熟した読者にこの本をおすすめしたい。

Chris:☆☆☆☆
“良い1冊、良い作品”

全体的には本当に楽しく読めました。翻訳上の問題点がいくつかありましたが、そのほとんどは些細な文法上のミスや言葉のチョイスが少しおかしい程度です。

Kindle Customer:☆☆☆☆

いくつかの翻訳がオリジナルの良さを損なってはいるが、全体的に見ればそれほど悪くはない。

Aaron Hawley:☆☆☆☆☆
“五つ星”

このジャンルが好きな人にはたまらない名作です!

注意:本の冒頭に挿入されているカラーイラストには、人によっては不適切だと感じるかも知れないシーンが含まれています。



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga