タグ別アーカイブ: モーニング

OL進化論 OL Revolution

モーニングで連載中の秋月りすによる、OL進化論のバイリンガル版コミックです。日本語と英語の両方のセリフが書かれていて、洋書初心者にやさしく読めるようにできています。バイリンガル版は全5巻です。

OL進化論 バイリンガル版

OL進化論 日本語オリジナル版

OL進化論 バイリンガル版

舞台が一般企業で登場人物の多くがOLやサラリーマンという設定からビジネス英語やビジネスマンの日常会話の自然な英語表現を学ぶのに最適な作品だと思います。連載は1990年ごろから続いているので当時の時代背景を反映した部分もあり、そこがまた可笑しかったりしますね。

また4コマ作品ということで特にストーリーを気にせずに読むことができ、英語を読むのが苦手だという方の入門用にぴったりだと思います。バイリンガル版は全5巻ということで、全部読んでもそれほど時間がかからないでしょう。できれば何度も読み返し、ビジネスシーンや日常での自然な英語表現がすらっと口からでるようにすると良いでしょう。

バガボンド Vagabond

吉川英治の「宮本武蔵」をベースに独特の筆致で描かれた井上雄彦によるバガボンドの英語版コミックです。タイトルのバガボンド=Vagabondは英語で放浪者とか無宿人とかいう意味です。

バガボンド Vagabond 英語版コミック

バガボンド 日本語オリジナル版

バガボンド 英語版

日本の漫画作品には時に単なる娯楽作品の枠を超えた芸術とも呼べる作品がありますが、この作品は色々な意味で芸術と呼べる作品だと思われます。特にストーリー部分の文学性を歴史文学の大家である吉川英治に求め、井上雄彦が筆での執筆という冒険的な試みが独特の世界観を作り出しています。もちろんストーリー部分でも井上雄彦独自の解釈と変更がなされていますが、あえて完全オリジナルの武蔵を作り出そうとしなかった所に、日本ならではの職人気質のようなものを感じます。

そんな作品であるバガボンドは、海外でももちろん高い評価を得ています。他のアニメや漫画でスーパーマン的な表現がされがちなサムライや武士にも、人間としての苦悩や葛藤があるのだと考えさせられる点がとても良いと思います。この作品とてもフィクションである事に違いはないですが、最近では人間的なサムライが描かれる事が少なくなっているようなので(実写映画作品では逆に増えていますね)、人間的なサムライや忍者がもっと描かれるようになってくれればと思います。

さて英語版ですが、この作品の北米での人気を反映しているのか、翻訳漫画出版大手の VIZ Media から通常版のコミックの他に、数巻分を1冊にまとめた VIZ BIG Edition とさらに通常版を若干修正した 2nd Edition なるバージョンも発売されています。どのバージョンを選ぶかはお好みで良いと思いますが、購入される時は商品の説明をよく確認するようにしてください。

2 / 212