タグ別アーカイブ: ヤングキング

アポロの歌 Apollo’s Song

週刊少年キングで連載されていた、手塚治虫によるアポロの歌の英語版コミックです。全2巻。

アポロの歌 Apollo’s Song 英語版コミック

アポロの歌 日本語オリジナル版

アポロの歌 英語版

次々と男を変える奔放な母親から愛されずに、それどころか疎まれて育った近石昭吾は、愛というものを憎悪する大人に成長した。昭吾は動物のオスとメスのツガイを見ては憎悪にかきたてられて殺してしまい、ついには警察に捕まり精神病院へと送られる事となる。医師による治療の過程で夢をみた昭吾は、夢の中の女神から「女性を愛するが、結ばれる前に自分か相手が死んでしまう」という運命を永遠に体験し続けるという罰を受けねばならないと告げられる。こうして昭吾の無限の地獄は夢の中に始まるのだった…という感じの作品です。

英語版は他にも多くの手塚作品の英訳を手がけている Vertical より、500ページ超を1冊にまとめた全1巻と、およそ250ページづつの2冊にまとめた全2巻という2つのバージョンが発売されています。全1巻の方は現在在庫が希少で手に入りにくいみたいなので、新品を買うなら全2巻の方を買った方が良いでしょう。

ジオブリーダーズ Geobreeders

ヤングキングアワーズで連載中の、伊藤明弘によるジオブリーダーズの英語版コミックです。

ジオブリーダーズ Geobreeders 英語版コミック

ジオブリーダーズ 日本語オリジナル版

ジオブリーダーズ 英語版

漫画という創作の世界にリアリティを求める人もいますが、この作品は創作ならではの非現実的表現で爽快感が得られるタイプの作品ですね。

化け猫退治の専門会社「神楽総合警備」に就職した田波洋一の波乱万丈な生活を描いたこの作品は爽快なガンアクションと、ご都合主義による超強運が売りとなっています。なんとなく雰囲気が一昔前のSFっぽいところがあって、そういうのが好きな人にはたまらないでしょう。

現在は作者が長期療養中という事で連載も休載していますが、連載再開を心待ちにしているファンの方も多いのではないでしょうか。こうして英語版も発売されている事から海外で待っている方もいるかも知れませんね。

サライ Sarai

ヤングキングで連載されていた、柴田昌弘によるサライの英語版コミックです、全19巻。

サライ Sarai 英語版コミック

サライ 日本語オリジナル版

サライ 英語版

サライというのは主人公の神薙サライという名前からとられたタイトルで、当たり前ですが有名なあの曲とはまったく関係ありません。「大災厄」によって文明が崩壊し、遺伝子学の暴走により人類は16歳を過ぎると異形の怪物に変貌してしまうという終末的な近未来を描いたSF作品です。主人公はなぜかメイド服を着て刀を振り回す美少女。この辺は一昔前の作品にありがちですが、それを徹底した世界観が好きだという人は結構多いと思います。

単行本は全19巻で終わっていますが、終盤は作者の急病や事故などもあいまってかなり駆け足で話が終わっており、読後に不完全燃焼な気分にさせられるかも知れません。そういうところもこの手のSF作品にはありがちなことだと言えますが、編集サイドの方でどうにかならないもんですかね。

トライガン Trigun

アニメ化されて大人気となった内藤泰弘によるトライガントライガン・マキシマムの英語版コミックです。トライガンは全2巻(日本語版は全3巻)、トライガン・マキシマムは全14巻です。

トライガン Trigun 英語版コミック

トライガン 日本語オリジナル版

トライガン 英語版

地球を遠く離れた、人が住むにはあまりにも過酷な惑星のお話。平和主義者でありながら600億$$(ダブドル)の賞金首、人間台風ことヴァッシュ・ザ・スタンピードが繰り広げるガンアクションとこの惑星とそこに住む人々の秘密を解き明かす旅を描いた物語です。

この作品の作者である内藤泰弘氏はアメコミに大きな影響を受けているせいか、作画や世界観にどことなくアメコミっぽいところがあります。そのせいか北米でもこの作品の人気は高く、特に内藤泰弘氏自身がファンだと公言しているアメコミ作家のジェフ・ダロウから「貴方の本を持っている」と言われて喜んだというエピソードが単行本巻末のオマケ漫画に収録されています。またそのオマケ漫画の吹き出しの外にあるセリフまで翻訳されていることに感心したと言っています。

アメコミの影響を受けた日本の漫画家は昔から数多くいますが、最近では日本の漫画の影響を受けた海外の漫画家も増えてきています。こうしてお互いに切磋琢磨して、より新たな作風をどんどん生み出していって欲しいですね。

エクセル・サーガ Excel Saga

ヤングキングアワーズで連載中の六道神士による、エクセル・サーガの英語版コミックです。

エクセル・サーガ Excel Saga 英語版コミック

エクセル・サーガ 日本語オリジナル版

エクセル・サーガ 英語版

腐った世界を是正すべく世界征服を目論む理想推進機関アクロス。その構成員で日々征服活動に精をだすズッコケ少女のエクセル。シリアスなSFストーリーが展開されそうな設定に、なんでもアリのギャグ要素を詰め込んだギャグ作品ですね。

こういう作品は結構好みが分かれるところだと思いますが、私は大好きです。この手の気楽に見れるおバカなノリのコメディ作品は北米の人たちも大好きみたいで、日本での評価以上に良い評価を受けました。向こうの人はきわどいパロディとかも大好きですもんね。

その海外人気を反映しているかどうなのかは知りませんが、英語版のリリースも順調です。日本での連載がいつまで続くのかは解りませんが、このままきちんと最後まで英語版を発売してもらいたいと思います。

HELLSING ヘルシング

ヤングキングアワーズで連載されていた、平野耕太によるHELLSING(ヘルシング)の英語版コミックです、全10巻。また英語リスニング力を強化したい方には、HELLSING ヘルシングの北米版アニメブルーレイもあります。

HELLSING ヘルシング 英語版コミック

HELLSING 日本語オリジナル版

HELLSING 英語版

大英帝国の王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」に所属するヘルシング家当主インテグラとアーカード、セラスの二人の吸血鬼を主軸に展開する吸血鬼と吸血鬼ハンターとの戦いを描いた物語です。題名のHELLSINGとはブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸血鬼ハンターの代名詞的キャラクター、ヴァン・ヘルシング教授(Van Helsing)の名前に由来してますが、HELLSING内のヘンルシング家は大英帝国に忠誠を誓うイギリス人であるのに対し、ヴァン・ヘルシング教授はオランダ人ですね。

さてこの作品は舞台がイギリス、しかも骨太なホラーバトル。プロテスタントとカソリックの対立や、敵役としてナチスが登場するなどご当地のイギリスや北米で受けそうな要素が盛りだくさんです。そして当然のごとくそれらの地域で高い評価を受け、少年ジャンプのビッグタイトルと同じくらいの人気を得ました。

全10巻、ちょっと長いですが舞台がイギリスの作品であるだけに英語で読むとまた格別な雰囲気を味わえます。少々時間がかかっても、ゆっくりと読めば不可能ということもありません。全巻読破したころには相当の英語力がついていることでしょう。