タグ別アーカイブ: LaLa

eensy-weensy モンスター eensy-weensy Monster

LaLaで連載されていた、津田雅美によるeensy-weensy モンスター(イィンシィ-ウィンシィ モンスター)の英語版コミックです。全2巻。

eensy-weensy モンスター eensy-weensy Monster 英語版コミック

eensy-weensy モンスター 日本語オリジナル版

eensy-weensy モンスター 英語版

タイトルに含まれる “eensy-weensy” とは英語の幼児言葉で “とってもちっちゃな” という意味です。”eensy-weensy モンスター” で普段は自分の内面に隠れているけれど、なんらかのきっかけで突然暴れだす凶暴性という様な感じのタイトルみたいですね。

普段は温厚だけど平凡でとりえの無い主人公七花、しかし眉目秀麗、成績優秀、運動神経抜群、女子からの人気も高く「王子」と呼ばれる葉月のナルシストぶりにだけは我慢できずに罵詈雑言を浴びせてしまう。七花はそんな自分を嫌悪し、葉月はこれまでに女子から受けた事のない仕打ちで女性不信になってしまうが…

といった感じのお話です。全2巻というボリュームなので英語版コミックとしては非常に読みやすいのではないでしょうか。内容も重い部分が無いので気軽に読めるラブコメ作品としては秀逸な部類に入ると思います。

トカゲ王子 Lizard Prince

LaLa 及び LaLa DX で連載されていた、和泉明日香によるトカゲ王子の英語版コミックです。全2巻。

トカゲ王子 Lizard Prince 英語版コミック

トカゲ王子 日本語オリジナル版

トカゲ王子 英語版

トカゲと言ってもリアルな蜥蜴ではなくかなりデフォルメされているのですが、この発想が素晴らしいですね。似たような感じの西洋のお伽噺には「かえるの王さま」というお話があり、ディズニーによって「プリンセスと魔法のキス」というタイトルでアニメ化がされています。創作とは言えお伽噺の世界の王子様やお姫様もいろいろと大変ですよね。

シンプルなストーリーと全2巻というボリュームは英語版コミックの入門として最適です。ほのぼのとしたストーリー展開も癒されますので、この手のファンタジー作品が大好きなお子様の英語学習様にプレゼントして差し上げると喜ばれるかと思います。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の CMX から発売されています。

目隠しの国 Land of the Blindfolded

LaLaおよびLaLa DXで連載されていた、筑波さくらによる目隠しの国の英語版コミックです、全9巻。

目隠しの国 Land of the Blindfolded 英語版コミック

目隠しの国 日本語オリジナル版

目隠しの国 英語版

触れた人の未来を見る力を持つ少女と、触れた人の過去を見る力を持つ少年の物語です。この手の超能力を題材にした作品は多いですが、過去と未来それぞれを見る力をもった二人の関係によってお話の展開が変わるところがこの作品の面白いところだといえます。

「もし目隠しの国があるとしたら見えるということをわかってもらえるのだろうか・・・」、この作品の冒頭にでてくるフレーズですが、妙に考えさせられるものがあります。ただ見える見えないということ以前に、人間が理解しあうという事が既に困難なことだと私は思います。この作品では超能力という題材をもちいて、人間同士が理解しあうのにはお互いに歩み寄る努力が必要なのだと教えられているような気がします。

なお英語版は北米の翻訳漫画出版大手の CMX から発売されています。

地球行進曲 March on Earth

LaLa DXで連載されていた、林みかせによる地球行進曲の英語版コミックです、全2巻。

地球行進曲 March on Earth 英語版コミック

地球行進曲 日本語オリジナル版

地球行進曲 英語版

林みかせの初コミックス。高一の少女が交通事故で他界した姉の一人息子と二人暮しをするお話です。基本ほのぼのとしたストーリーとかわいらしい絵柄がうりの作品ですね。幼い翔のかわいらしさに癒される作品でもあります。女性向けの作品にはいがいとこの手の少年をひきとって育てる話がありますが、こういうのもショタというんでしょうか。男性向けの作品で少女を引き取って育てる話は間違いなくロリと呼ばれると思います。

全2巻というボリュームは英語版コミックにまだ慣れていないという方に最適です。

なお英語版は北米の翻訳漫画出版大手の CMX から発売されています。

十二秘色のパレット Palette of 12 Secret Colors

LaLa DXで連載されていた、草川為による十二秘色のパレットの英語版コミックです、全6巻。

十二秘色のパレット Palette of 12 Secret Colors 英語版コミック

十二秘色のパレット 日本語オリジナル版

十二秘色のパレット 英語版

鳥から色彩を得て、ただの石を宝石にし、布を鮮やかに染める特殊な能力を持つパレットと呼ばれる能力者を養成する学校のお話です。こういう魔法や超能力者を育てる学校のお話というとどうしてもハリーポッターを思い浮かべてしまいますが、この作品の設定はとても個性的ですね。また舞台も南国の島なので暗い要素がまったくありません。惜しむらくはこの特殊な設定を生かしきれずお話が中途半端なところで終わってしまったところでしょうか。この世界観についてこれない読者も多かったのかも知れませんね。

タイトルや設定からしてカラフルな感じの作品なので、ぜひアニメで見たかったですねえ。色使いの上手な作画監督が担当してつくると見てるだけで華やかな作品になったのではないでしょうか。

英語版は北米の翻訳漫画出版社の CMXから発売されています。

ペンギン革命 Penguin Revolution

LaLaで連載されていた、筑波さくらによるペンギン革命の英語版コミックです、全7巻。

ペンギン革命 Penguin Revolution 英語版コミック

ペンギン革命 日本語オリジナル版

ペンギン革命 英語版

主人公のゆかりはスターになる可能性を持った人の背中に羽が見えるという特殊な能力を持っている。偶然に生徒会副会長の涼子と知り合うが実は涼子は、売れない男性タレントの涼が女装した姿だった。その後父の事業の失敗によって住居を失ったゆかりは男装して涼のマネージャーをすることになり、小さなペンギンの羽根しかもたない涼をスターとして大きく羽ばたかせようと奮闘する…といった感じのお話です。

女装したタレントと男装のマネージャー、最近この手の女装・男装を扱う漫画は多くなりましたが、両方ともというのはちょっと珍しいかも知れませんね。

全7巻というキリのよいボリュームも好評かです。短すぎず長すぎず、英語版コミックとして挑むには読み応え十分ですね。

ビーナスは片想い Venus in Love

LaLaで連載されていた、なかじ有紀によるビーナスは片想いの英語版コミックです、全12巻。

ビーナスは片想い Venus in Love 英語版コミック

ビーナスは片想い 日本語オリジナル版

ビーナスは片想い 英語版

春から一人暮らしの大学生活を始めた主人公・紗菜、隣の部屋には英知という青年が住んでいて、テニスサークルには英知の親友でイケメンの深見くんがいる。といった感じでお話が進んでいきます。

LaLa には珍しく普通の? ラブコメですね。キャンパスライフで恋愛の三角関係など王道な、それ故に何度も使い古されてきた話の展開がまったりと続きます。

さて英語で読むにはちょっと長めの12巻。日本語で読んでもただでさえ山場の少ないこの作品を不慣れな英語で読むのはちょっとツライかも知れません。英語版コミックにだいぶなれてきて、日本語の漫画を読むのとあまり変わらない速度で読めるようになったら全巻揃えて読むのもいいかも知れません。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の CMX から発売されています。

美女が野獣 Beauty Is The Beast

LaLaで連載されていたマツモトトモによる、美女が野獣の英語版コミックです、全5巻。

美女が野獣 Beauty Is The Beast 英語版コミック

美女が野獣 日本語オリジナル版

美女が野獣 英語版

タイトルはもちろん “美女と野獣 / Beauty and the Beast” をもじったものですが、作品内容にあまり関係はありません。オンボロな女子寮に住む女子達と、新築で設備も整った男子寮に住む男子達の交流を描いたコメディ作品です。登場人物はいずれも変わり者ばかりで、そこからうまれる事件や時には恋愛のエピソードが秀逸です。

全5巻と英語で読むには丁度よく、英語で本を読むことになれていない方でもそれほどの期間をかけずに読破できることでしょう。ちなみに日本では LaLa で連載されていたこの作品ですが、北米でも英訳漫画出版大手の Viz Media が発行する翻訳少女漫画雑誌 Shojo Beat (2009年7月号で休刊)に連載されて人気となりました。Shojo Beat そのものは休刊となってしまいましたが、北米の少女漫画市場を開拓したという点では大きな貢献をした雑誌と言えると思います。

ヴァンパイア騎士 Vampire Knight

LaLaにて連載中の、樋野まつりによるヴァンパイア騎士(ヴァンパイアナイト)の英語版コミックです。

ヴァンパイア騎士 Vampire Knight 英語版コミック

ヴァンパイア騎士 日本語オリジナル版

ヴァンパイア騎士 英語版

全寮制の私立学校・黒主学園には一般人の通う普通科と、エリートで美形の吸血鬼たちが通う夜間部が存在する。主人公の黒主優姫と同級生の零はナイトクラスの生徒が全員ヴァンパイアだという秘密を守る学園守護係。優姫は吸血鬼で夜間部のクラス長を務める玖蘭枢に命の恩人として憧れているが、零は吸血鬼ハンターの家系に生まれて吸血鬼を憎悪している。一般人と吸血鬼の通う学園で優姫と零と枢の関係はどうなっていくのか…という感じのお話ですね。

さて英語版ですが、北米の翻訳漫画出版社大手の VIZ Media より全19巻が発売済みの他、まとめ買い・プレゼントに最適なBOX SETもあります。2回に渡ってアニメ化もされて大人気のヴァンパイア騎士、その英語版コミックで英語学習をされてはいかがでしょうか。お子様のプレゼントにもぴったりですよ。

Vampire Knight Box Set 1: Volumes 1-10
Vampire Knight Box Set 2: Volumes 11-19 with Premium

あと藤咲あゆなによる小説、ヴァンパイア騎士 煌銀(フレイル)の夢も英語版が発売されていますね。英語力に自信のある方はこちらの英語版ライトノベルに挑戦されてみてはいかがでしょうか。

会長はメイド様! Maid Sama!

LaLaにて好評連載中の藤原ヒロによる、会長はメイド様!の英語版コミックです。また会長はメイド様!の北米版アニメブルーレイもあります(※国コード規制に注意)。

会長はメイド様! Maid Sama! 英語版コミック

会長はメイド様! 日本語オリジナル版

会長はメイド様! 英語版

男子校から共学校になった星華高校では男子の数が圧倒的に多く女子は肩身の狭い思いをしていた。そんな高校で女子初の生徒会長になった鮎沢美咲は男勝りな性格で男子たちに対抗していたが、ある日学校一のモテ男である碓氷拓海に家計を助けるためにしていたメイド喫茶でのアルバイトを見つかってしまう…というストーリーです。基本スペックの高い男女が、一方が弱みを握ることによって互いに反発しあいながらも次第に惹かれていく展開が良いですね。

英語版は現在 Tokyopop より第8巻までリリースされています。しかし 2011年5月をもってその Tokyopop が翻訳出版事業から撤退してしまったために続きがリリースされる予定はいまのところありません。他の出版社がライセンスを取得して続きをリリースしてくれると良いのですが、残念ながらその可能性は低いでしょうね。

2 / 3123