タグ別アーカイブ: ジャンプ

電影少女 Video Girl Ai

ジャンプで連載されて大人気となった桂正和による、電影少女の英語版コミックです。全15巻。

電影少女 Video Girl Ai

電影少女 日本語オリジナル版

電影少女 英語版

いまでこそ恋愛漫画の巨匠という印象の強い桂正和氏ですが、この作品以前の代表作は「ウイングマン」でどちらかというとヒーロー挌闘ものの漫画家という感じでした。しかしこの電影少女の大ヒットにより、I”s アイズなど以後は恋愛漫画の巨匠として数々の名作を生み出すことになります。

現在はZETMANの連載で本来の作風であるヒーローものを描いており、恋愛漫画の一線からは退いた感のある桂正和氏ですが、この電影少女をはじめとして氏の恋愛漫画を読んで思春期を過ごしたという方はかなり多いのではないでしょうか。

さてこの作品の英語版ですが、実は Viz Media という翻訳大手出版社により2種類のシリーズが出版されています。Amazon のサイトで表紙のデザインを見てもらえれば解ると思いますが、茶色いバックを基調とした表紙の Animerica Extra版と、白いバックを基調とした表紙の通常版があります。この作品のファンできちんと英語版を揃えたいという方は白い表紙の通常版を買うようにした方が良いでしょう。

リアル REAL

ヤングジャンプで連載されていた、井上雄彦による意欲作、リアルの英語版コミックです。

リアル REAL 英語版コミック

リアル 日本語オリジナル版

リアル 英語版

井上雄彦氏といえばスラムダンクが有名ですが、バスケットボール漫画で大ヒットを飛ばした後にあえてまったく別の視点から見たバスケットボールを題材に漫画を描くという作家としての大冒険に挑戦した作品だと思います。

スラムダンクは不良少年だった桜木花道のバスケを通したサクセスストーリーが印象深いですが、こちらよりシリアスで重い現実を背負った同年齢の少年達の葛藤と成長を描いています。単純に楽しんで読むという娯楽の域を超えた作品ですが、多かれ少なかれ何らかの悩みを抱える同世代のひとたちに読んでもらいたい作品でもあります。

英語版の単行本は Viz Media から日本語オリジナル版のリリースの約1年後くらいのペースでリリースされています。英語版コミックのリリースとしては結構早いですが、ぜひとも最終巻までこのペースを保ってもらいたいものです。あんまり早くだして翻訳が稚拙になってもいやですからね。

Waqwaq ワークワーク

少年ジャンプで連載されていた藤崎竜によるWāqwāq(ワークワーク)の英語版コミックです、全4巻。

Wāqwāq ワークワーク 英語版コミック

Wāqwāq 日本語オリジナル版

Wāqwāq 英語版

藤崎竜ならではの独特の世界観を持つファンタジー作品。しかしそれ以外にこの作品をどう表現してよいのか解りません。「黒い血の人間」が住む異世界に飛ばされた少女・松田。黒い血の人間を襲う機械と戦う防人のシオ。設定だけ語ると昔からの王道ファンタジーのような気がするがどこか違う。これは実際に読んでみてハマるかハマらないかで判断してもらいたい作品ですね。

全4巻というボリュームは英語で漫画を読むのが初めてだという方でも安心して読める長さですね。最初は1巻を読むのにもかなりの時間がかかるでしょうが。4巻まで読んでまた最初から読み直すというのを何回を繰り返すと、いつのまにか日本語の漫画を読むように自然に読めている自分に気づくはずです。

英語版は翻訳漫画出版大手の VIZ Media から発売されています。

西遊奇伝大猿王 The Monkey King

ウルトラジャンプで連載されていた、寺田克也による西遊奇伝大猿王(さいゆうきでん だいえんおう)の英語版コミックです。

西遊奇伝大猿王 The Monkey King 英語版コミック

西遊奇伝大猿王 日本語オリジナル版

西遊奇伝大猿王 英語版

CGを駆使して緻密に描かれた迫力ある画風が魅力の寺田克也氏。全編カラーでアンチヒーローに生まれ変わった孫悟空が繰り広げる狂乱。普通に漫画として読んで楽しむというよりは、どちらかというとデザインや作画関係の方が参考のために買うような作品ですね。第1巻の発売から第2巻の発売まで12年のブランクがあるというのも、かなり型破りな感じがします。

英語版の方ですが、あえてこの作品を英語で読む必要は個人的には感じませんね。海外版は日本版より紙質が悪かったりしますので、コレクターズアイテムとして買うか、海外の友人へのプレゼント以外に購入する理由が思いつきません。

なお英語版は翻訳漫画出版社の Dark Horse Comics から発売されています。

家庭教師ヒットマンREBORN!

少年ジャンプで連載中の天野明による人気漫画、家庭教師ヒットマンREBORN!の英語版コミックです。

家庭教師ヒットマンREBORN! Reborn! 英語版コミック

家庭教師ヒットマンREBORN! 日本語オリジナル版

家庭教師ヒットマンREBORN! 英語版

ダメツナと呼ばれていたうだつのあがらない少年・沢田綱吉のもとに見た目が赤ん坊の家庭教師・リボーンが現れてツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスにふさわしい人間に教育するというお話。なんとなくドラえもんをはじめとする藤子作品を思い出させる設定ですが、ジャンプの他の作品にもれず話が進むにつれて何故か美形キャラが増えてバトル展開するようになります。

アニメ化もされて原作漫画とともに大人気となったこの作品ですが、もちろん海外でも人気となりました。ニンジャとかサムライとか海外のマンガファンが好きそうな要素に乏しい部分もありましたが、イタリアンをベーシックにした多国籍な演出がそれなりに受けたのではないでしょうか。英語版も着実にリリースされていますので、ファンの方は日本語版とともに揃えて英語学習に役立てるとよいでしょう。

ギミック! Gimmick!

ヤングジャンプで連載されていた原作:金成陽三郎、作画:薮口黒子によるギミック!の英語版コミックです。全9巻。

ギミック! Gimmick! 英語版コミック

ギミック! 日本語オリジナル版

ギミック! 英語版

映画やドラマなどで使用される特殊メイク(SFX:Special Effectsの略)に焦点をあたてとても珍しい作品です。魔法のような効果があるにもかかわらず魔法ではなく、きちんとリアリズムにのっとった話の展開は読んでいて独特の面白さがありますね。主人公の永瀬公平はスケベでお調子者だがSFXの腕は超一流、そんな公平がその技術をいかして数々の事件を解決する物語です。

この作品は日本ではそれほど人気とはなりませんでしたが、海外のレビューサイトでかなり高い評価を得ています。さすが本場ハリウッドがあるアメリカといいましょうか、SFXに興味のある人が多いんでしょうね。

特殊メイクに関する解説もあって専門用語を英語で読むのは難しいかも知れません。それだけに読み応えもあるので中級者以上の方におすすめします。

冒険王ビィト Beet The Vandel Buster

ダイの大冒険でおなじみのコンビ、原作:三条陸、作画:稲田浩司による冒険王ビィトの英語版コミックです。

冒険王ビィト Beet The Vandel Buster 英語版コミック

冒険王ビィト 日本語オリジナル版

冒険王ビィト 英語版

ダイの大冒険は名作RPGゲームであるドラゴンクエストの世界を漫画化した作品ですが、こちらは完全オリジナルの作品となりますね。魔物を操る魔人(ヴァンデル)によって人々が苦しめられる世界で、その魔人を退治するヴァンデルバスターという職業に憧れる少年が主人公です。世界観はオリジナルですが、ドラクエに始まる日本的ファンタジーの王道を踏襲する雰囲気があり、ダイの大冒険のファンだった方はすんなりと楽しめることでしょう。

英語版は現在日本語版と同じ12巻までリリースされていますが、肝心の原作が作者の病気療養 + 掲載誌であった月刊少年ジャンプの休刊により2006年より長期休載となっております。英語版のリリースは翻訳漫画出版大手の VIZ Media からされています。VIZ Mediaだけに英訳の質はそれなりに良いものとなっていることでしょう。

銃夢 Battle Angel Alita

ビジネスジャンプで連載されていた、木城ゆきとによる銃夢の英語版コミックです。全9巻。
続編である銃夢 LastOrderの英語版コミックも出版されています、こちらは続巻中。
モーターボール編の外伝的作品の灰者(はいじゃ、英題:Ashen Victor)も英訳されていますね。

銃夢 Battle Angel Alita 英語版コミック

銃夢 日本語オリジナル版

銃夢 英語版

英語タイトルにも含まれていますが、主人公の名前がガリィから Alita に変更されています。これはガリィという発音が英語では別の単語(gully=小渓谷, gally=びっくりさせる)を想起されるのでそれを防ぐためということらしいです。原作では第8巻でウロボロスの見せた仮想現実の中で幸福に暮らすガリィのかりそめの名前として「アリタ」が登場しますね。

さてこの作品は日本での知名度や人気と比べて海外での評価が非常に高い作品のひとつです。どことなくアメコミを想起させる世界観と作画のタッチに加えて、日本の漫画ならでは緻密な描きこみによって独自の雰囲気を作り出しているからでしょう。後は骨太な格闘シーンなんかも人気の原因かも知れません。

そんな銃夢の続編、銃夢 LastOrderですが、作者と集英社法務部との台詞修正問題により、第15巻までを発刊したところで出版社が集英社から講談社へと移籍となりました。そうなると心配になってくるのが英語版発売権のライセンス契約です。15巻まで英語版をリリースしてきた VIZ Media はおそらく集英社との間にライセンス契約を結んでいるでしょうから、今後の講談社および作者との契約交渉によっては16巻以降がリリースできないという可能性もあります。ただこの作品は前述のとおり北米での人気が高い作品ですから、VIZ Media かそれとも別の出版社のいずれになるかは解りませんが、16巻以降も英語版がリリースされ続けるような気がしています。

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所  Muhyo & Roji’s Bureau of Supernatural Investigation

ジャンプで連載された西義之によるホラー漫画、ムヒョとロージーの魔法律相談事務所の英語版コミックです、全18巻。

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
Muhyo & Roji’s Bureau of Supernatural Investigation 英語版コミック

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 日本語オリジナル版

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 英語版

現世にいるべきでない死霊が跳梁跋扈する現代日本、そこには罪を犯した霊を裁く魔法律というのが存在した。そしてムヒョという名の天才魔法律家とロージーという名の助手の二人で物語は進行する…。

変わった設定ですが面白いですね。ホラーといってもそれほど恐ろしいわけではなく、大抵のエピソードはハッピーエンドで終わります。なんとなくジャンプらしくないというか、昔の少年漫画のようなテイストも感じますね。

全18巻というのは英語で読むには少々長いかと思われます。しかし最初の1、2巻を試しに読んでみて、いけそうだなと思ったら続きを買うようにして英語学習をされると良いでしょう。途中で別の作品に乗り換えてもちっとも構わないと私は思います。

Gun Blaze West ガンブレイズウエスト

少年ジャンプで連載されていた、和月伸宏氏のGun Blaze West(ガンブレイズウエスト)の英語版コミックです、全3巻。

Gun Blaze West ガンブレイズウエスト 英語版コミック

Gun Blaze West 日本語オリジナル版

Gun Blaze West 英語版

西部劇を現代風にアレンジした作品ですね。和月伸宏氏といえばるろうに剣心が有名ですが、時代劇を現代風にアレンジした作品で少々売れすぎてしまったために、時代劇とは真逆の世界観の作品を作ろうとしたのでしょうか。しかし作品の構想を十分に練る準備期間が与えられなかったために、あまり人気はふるわず全3巻で連載終了となってしまいました。個人的にはせっかく西部劇という舞台を用意したのに、作者・編集者どちらの方針か解りませんが元会津藩士の娘がヒロイン役であるなど、結局剣心の影響をぬぐいさる事ができなかった所が敗因だと思います。

考えてみれば黒澤明監督の七人の侍がアメリカで荒野の七人という西部劇にリメイクされるなど、時代劇と西部劇は題材こそ違えど表現手法は多くの点で共通しています。だからこそ互いの世界が持つ雰囲気というものを大事にしなければ、世界観が台無しとなってしまう危険があるのではないでしょうか。