タグ別アーカイブ: コロコロコミック

妖怪ウォッチ Yo-kai Watch

ニンテンドー3DSのゲームやテレビアニメで有名な、妖怪ウォッチの漫画の英語版コミックです。

妖怪ウォッチ Yo-kai Watch 英語版コミック

妖怪ウォッチ 日本語オリジナル版

妖怪ウォッチ 英語版

この作品は有名だと思いますのでいきなり英語版の説明から始めます。現在英語版が発売されているのはコロコロコミックにて連載中の小西紀行による妖怪ウォッチの漫画です。英語版は北米の翻訳漫画出版社大手の VIZ Media の子供向けレーベル Perfect Square から第1巻と第2巻が本日2015年11月3日に発売されました。その後、第3巻が2016年1月5日、第4巻が2016年3月1日、第3巻が2016年5月3日と言った具合に日本版の最新刊に追いつくまでおよそ2か月に1巻のペースで続巻が発売される予定になっています。今後は解りませんが、今のところ英語版コミックが発売されているのはこのコロコロコミック版だけです。

妖怪ウォッチは比較的小さなお子さん向けに作られている作品なので、ボキャブラリーの面から見ても文法の面から見ても難しい表現はほとんど出てきません。それだけに英語初心者の方にはおすすめの作品なのですが、ある程度英語力のある人にとっては物足りなく感じるかも知れませんね。ですが例えば英会話教室などに通っていて、ある程度の英語の基礎ができているお子さんが補完的な教材として使うのならば最適だと思います。児童向けの英語教室は「会話」に重点を置いている所が多いので「読み書き」がおろそかになりがちだからです。

補足情報として妖怪ウォッチのアニメの英語版ですが、北米では Dentsu Entertainment USA 、ヨーロッパおよびアフリカでは Viz Media Europe 、オーストラリアおよびニュージーランドでは The Fusion Agency 、アジアでは Toonami Asia がライセンスを取得し、それぞれのネットワークを通じて英語吹き替え版を配信しているみたいです。ですが今のところ DVD やブルーレイという形で販売されてはおらず、日本の子供達が妖怪ウォッチの英語版を視聴する事はできません。Youtube で番宣くらいは見る事ができるかも知れませんけど。

ドラえもん Doraemon

藤子・F・不二雄による日本漫画の金字塔、ドラえもんのバイリンガル版コミックです。日本語と英語の両方のセリフが書かれていて、洋書初心者にやさしく読めるようにできています。バイリンガル版は全10巻、お子様へのプレゼントに最適です。

また小さなお子様の英語教育に最適なバイリンガル版の絵本もあります。

ドラえもん

バイリンガル版 ドラえもん

バイリンガル版 ドラえもん 全10巻セット

ドラえもんのバイリンガルえほん

ドラえもん 日本語オリジナル版

日本漫画の代表作の一つであるドラえもんはサザエさんと並んで日本人の平均的な生活を知る良い教材となっている様です。もちろん現実世界にはドラえもんもいなければ便利な道具もありませんが、のび太を中心とする登場人物たちは個性的でありながらもどこか普遍的な子供の人間関係の形をかもし出しています。

バイリンガル版で英語の勉強をするのも良いですが、私としてはオリジナルの日本語版を全巻揃えておいて、老後に昔を懐かしみながら読んでみたい作品の一つです。

爆転シュート ベイブレード Beyblade

コロコロコミックで連載されていた青木たかおによる、爆転シュート ベイブレードの英語版コミックです。アニメの影響もあって子供たちにベイブレードが大人気になりましたね、全14巻。

爆転シュート ベイブレード Beyblade 英語版コミック

ベイブレード 日本語オリジナル版

爆転シュート ベイブレード 英語版

ベイブレードというのはタカラトミーから発売されているベーゴマを改良したおもちゃの名称です。コロコロコミックにてそのベイブレードをモチーフにした漫画が連載され、それがアニメ化されるに至って日本全国の小学生の間で大人気となり、一時期は社会現象とまでいわれていました。その後、連載終了やアニメ放送の終了にともない人気は次第に下火となり、小学生たちの興味は別の商品に移ることになりましたが、近年「メタルファイト ベイブレード」という新シリーズの漫画やアニメが展開され、人気が再燃したみたいです。

今回紹介する「爆転シュート ベイブレード」が連載されていたのが1999年~2004年ですから、当時小学生だった子供たちは今ちょうど中学生~高校生くらいでしょうか。まだこの作品を懐かしんで読むには早いような気もしますが、ものすごく好きだったというお子様に英語版をプレゼントしてあげるというのも良いかも知れません。内容的に難しいセリフが少ないので英語を学びはじめたばかりという方には比較的やさしい部類に入ると思います。

機獣新世紀ZOIDS Zoids:Chaotic Century

コロコロコミックで連載されていたタカラトミーから発売されている玩具・ゾイドの漫画作品、上山道郎による機獣新世紀ZOIDS(きじゅうしんせいきゾイド)の英語版コミックです。

機獣新世紀ZOIDS Zoids:Chaotic Century 英語版コミック

機獣新世紀ZOIDS 日本語オリジナル版

機獣新世紀ZOIDS 英語版

ゾイドといえば動物や恐竜を機械化したプラモデル商品ですね。私はもっていなかったですが、子供の頃の友人がステゴザウルスのゾイドを持っていたのを覚えています。

さて上述のとおり今回紹介するのは上山道郎による漫画作品、機獣新世紀ZOIDSの英語版コミックなのですが、日本語オリジナル版が全5巻であるのにも関わらず、英語版はなぜか14巻までリリースされています。そこで英語版の出版元である VIZ Media の公式ページを確認してみると、”Viz monthly graphic novel” という言葉を発見しました。

おそらく1ヶ月に1冊のペースで英語版を出版する試みで、日本語版では全5巻だったものを細かく全14巻に分けてリリースしたのだと思われます。他の英語版コミックより1冊の値段が安いのもそのためなのだと思いますが、それでも日本の普通の単行本よりは高いので、英語学習のために全巻揃えるというのはお勧めしません。このゾイドの他に Viz monthly graphic novel でリリースされた作品もないようなので、VIZ Media としても試みは失敗という結果だったのでしょうね。