星刻の竜騎士 Dragonar Academy

瑞智士記による同名のライトノベルを、RANによる作画で漫画化した星刻の竜騎士(せいこくのドラグナー)の英語版コミックです。月刊コミックアライブにて連載中。また星刻の竜騎士の北米版アニメブルーレイもあります(※国コード規制に注意)。

星刻の竜騎士 Dragonar Academy 英語版コミック

星刻の竜騎士 日本語オリジナル版

星刻の竜騎士 英語版

アルク=ストラーダ大陸の中心に位置し、別名「竜を飼う国」として知られるロートレアモン騎士国。その竜飼い人の育成施設「アンサリヴァン騎竜学院」の上級課程に通うアッシュ・ブレイクは、本来飼い主以外に騎乗させる事の無い他人の竜に騎乗する事ができるという特殊能力と、それにも関わらず本人の相棒となる竜が未だ生まれていないという事で問題児扱いされていた。そんなある日、学院行事のレースの最中に他国のスパイを発見したアッシュは、スパイとの戦闘の末に崖下へと転落してしまう。その時、アッシュの左腕に刻まれた星刻が輝き、幼竜が生まれてアッシュの危機を救ったのだが、生まれた竜は何故か人間の少女の姿をしていたのだった…という感じのファンタジー作品です。

英語版は北米の翻訳漫画出版社 Seven Seas より現在のところ第4巻まで発売中で、2015年2月10日に第5巻、2015年5月5日に第6巻と、およそ3か月に1巻のペースで続巻が発売される事になっています。原作のライトノベルの英語版は残念ながら今のところ発売される予定はありませんが、星刻の竜騎士のファンの方はこれを機に英語版コミックを買い揃えられてはいかがでしょうか。

またアメリカのAmazonのレビューではこの作品に対して以下のような感想が寄せられています。

Anime Lover:☆☆☆☆☆
“なんて奇妙なカップル”

面白かった。登場人物達は生き生きとしていて、作画は美しい。第1巻では物語のメインとなるキャラクターが何人か登場するが、エーコが私のお気に入りだ。彼女の子供っぽい純粋さ(態度は大きいが)、とそれに困惑するアッシュの姿は見ていてとても楽しい。

そうそう、裸のシーンがいくつかあるので、このシリーズの年齢制限が16歳以上に設定されているという事を付け加えておこう。

第2巻を読むのがとても楽しみだ。

Haleos:☆☆☆☆
“なかなかの良作”

本当なら星を4.5点つけたい所だ。言うまでも無い事だが、もしあなたがHなシーンやファンサービスがあまり好きでないなら、この作品は読まない方が良い。一部裸になるシーンがあるので、10歳のお子さんに読ませるにはふさわしくないと考える人もいるだろう。年齢制限は一応16歳以上に設定されているものの、14歳以上であれば特に問題となるシーンは見受けられなかった。

物語はなかなか良くできているが、原作が日本のライトノベルという事で本来の作品の良さが薄められてしまっている感はどうしてもぬぐえない。ただしライトノベルの漫画化作品としては悪い部類ではなく、Seven Seas による翻訳も良い仕事をしている。あからさまな誤訳や誤植は無く、それなりに良い紙を使ってカラーページの印刷にもにじみの無い、英語版漫画作品としてスタンダードなクオリティを保っている。

物語そのものも、ピューリッツァー賞を取る様な真面目な作品ではなく、リラックスして読む事のできる時に可愛らしい作品だ。もしあなたがシリアスな物語を探しているのなら、この作品は買わない方が良い(カバーイラストを見れば解ると思うが)。

そしてもしあなたがこの作品を読んで面白いと思ったのなら、おそらくこの作品に影響を与えたであろうと思われるゼロの使い魔もきっと気に入る事だろう。



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga