ブッダ Buddha

手塚治虫が人間・ブッダを描いたもうひとつのライフワークとも言える作品、ブッダです。全8巻。(日本語版文庫は全12巻。)

ブッダ Buddha 英語版コミック

ブッダ 日本語オリジナル版

ブッダ 英語版

仏典をもとにブッダ(お釈迦様、ゴータマ・シッダールダ)の生涯を描いているのですが、聖人としてのブッダではなく、より人間らしく苦悩するブッダを描いています。

およそ平均的な日本人は諸外国の人々に比べて自分が特に信仰心を持っていないと思っているふしがありますが、それでも長年日本で培われてきた精神文化というのは受けついでいるものです。その中でも仏教は日本人の死生観・人生観に大きな影響を与えていることは間違いないと思います。そんな自分のルーツを探るというと少々おおげさな気もしますが、仏教の教祖であるブッダの人生をフィクションをまじえて人間ドラマとして描いたのがこの作品です。

なおこの作品は上述のとおり仏教の教祖であるブッダを描いているのにも関わらず、仏教的な描き方はされていません。たとえば仏教国の信仰深い人などが読むと、「こんな人間みたいなブッダはブッダじゃない」と批判される事も多いみたいです。ちょっと難しい事を言いますと、仏教の経典つまり仏典にはお互いに矛盾した内容が結構あります。多くの時間をかけて時代とともに変化を加えつつ成立したからですが、仏教ではそれらをすべて「ブッダが一人で説いた」、「内容に矛盾があるのは弟子達を悟りへ導くための方便だ」という解釈をするのが普通です。しかし手塚氏はそれらの矛盾を「悟りを開いた後も苦悩するブッダ」という仏教的にはほとんどありえない解釈によって人間ブッダを描いています。それをどう評価するかは人それぞれだと思いますが、自分が仏教徒だとは意識していない多くの現代日本人にとってはより共感しやすいのではないでしょうか。

さてこの作品ですが、英語で読むのは結構難しいと思いますので英語版を無理におすすめはしません。英語学習のためというより、日本人としての自分を再確認するという意味でも、まだ読んだことの無い人には日本語版でも良いので一度読んでもらいたいですね。

今なら30日間無料で最大3000ポイントGET!! ☆★☆ 洋書リスニングに最適 ☆★☆



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga