アクセル・ワールド Accel World

川原礫によるライトノベル作品 アクセル・ワールド の英語版ライトノベルとコミックです。またアクセル・ワールドの北米版アニメブルーレイもあります(※国コード規制に注意)。

アクセル・ワールド Accel World 英語版ライトノベル&コミック

アクセル・ワールド 日本語オリジナル版

アクセル・ワールド 英語版

2046年、人々はニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いたネットワーク上の仮想世界で生活の半ばを送る様になっていたが、私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄な肥満体型かつおとなしい性格で幼少の頃よりいじめを受けており、そんな自分の現実を呪いながらネットワーク内のスカッシュゲームでストレスを発散するだけの毎日を送っていた。そんなある日、ハルユキは生徒副会長で人気者の美少女・黒雪姫から誘われ、謎のアプリケーション「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはユーザーの思考を一千倍に加速するアプリケーションだったのだ。こうして「バーストリンカー」になったハルユキはもう一つの世界、「加速世界(アクセル・ワールド)」での戦いに巻き込まれていくのであった…という感じの作品です。

英語版は北米の翻訳漫画出版大手の Yen Press より、ライトノベルが現在第3巻まで発売中で、第4巻は2015年7月21日、第5巻は11月17日とおよそ4か月に1巻のペースで発売される予定となっています。漫画版の方も現在第3巻まで発売中で、第4巻が2015年7月21日、第5巻が10月27日とこちらはおよそ3か月に1巻のペースで発売される予定となっています。

なお著者名の所に原作者の “川原礫 / Reki Kawahara” の他に、漫画版の作画担当の “合鴨ひろゆき / Hiroyuki Aigamo” の名前がある方が英語版コミックです。

またアメリカのAmazonのレビューではこの作品の英語版ライトノベルに対して以下のような感想が寄せられています。

Solid Snake86:☆☆☆☆☆
“加速世界へようこそ…”

ライトノベル作品の英語訳のクオリティは実際に発売されるまで誰にも解りません。しかしこのアクセルワールドの第1巻に限って言えば Yen Press は非常に良い仕事をしてくれたと私は思います。

この第1巻の内容は、多少のエピソードが加わっている以外はアニメの最初の方のエピソードに忠実ですが (日本ではライトノベルの方が先に発売されているので、アニメがライトノベルに忠実と言った方が正確ですけど)、主人公のハルユキが各場面でどの様に考えていたのかより深く知る事ができます。アクションシーンも実に良く書かれていて、ハルユキがアクセルワールドで戦っている様がまるで目の前に浮かんでくる様です。

ファンにとって嬉しい事には、原作者である川原礫によるあとがきもあり、HIMAによるイラストも全て掲載されており、加えて原作者とゲームクリエイターの川上稔の対談まで掲載されており、本の最後にはHIMAの描くイラストともアニメとも違うキャラクターデザインのとても面白いイラストもいくつか掲載されています。ラフな下書きの様なものですけど、個人的に私はアニメのキャラクターデザインは、特に黒雪姫のデザインはこちらの方が良かったと思いました。

作品そのものも素晴らしいですが、翻訳が良かったのは本当にありがたいです。ここまで翻訳のクオリティの高い日本の小説の英訳版を読んだのは、ダーティペアの小説版、甲賀忍法帖の小説版、そして機動戦士ガンダムの小説版と言った、日本の小説の英訳版の金字塔とも言えるこれらの作品以来です。

日本のアニメや漫画のファンでアクセルワールドが好きな人は、ぜひこの英語版ライトノベルを購入してこの作品を応援してください。発売元である Yen Press に対し、ライトノベルの英語版に需要がある事を示すのです。アクセルワールドだけに限らず、まだ翻訳されていないライトノベル作品はたくさんあります。

~後略~

Nathan Quevedo:☆☆☆☆☆
“初めてのライトノベル”

正直に言うと、私はこの本を漫画の英語版だと思って購入しました。ライトノベルの英語版だと解った時にはおどろき、そして多少怒りもしましたが、よくよく考えてみればライトノベルの英語版を読むのはこれが初めての体験ではないですか。だから私はこの本を返却せずに読んで見る事にしました。

するとあっという間に第1章を読み終えてしまい、その時にはもうこのライトノベルに完全にハマっていました。漫画版だと思って注文をしたはずが、間違えてライトノベルを購入して結果的には良かったです。漫画の英語版も間もなく発売されるみたいですけど、このアクセルワールドに関しては今後もライトノベルを購入するつもりでいます。

~後略~



英語版の漫画を買うならキンドル版がお買い得! スマホやタブレットに入れれば通勤・通学時に読めて便利です。
Amazon > Kindleストア > Kindle洋書 > Teens > Manga